「川島なお美」『イグアナの娘』『可愛いだけじゃダメかしら?』

018FlkFglH
『イグアナの娘』
『可愛いだけじゃダメかしら?』
『お笑いマンガ道場』
『失楽園』
常盤貴子
川島なおみ
菅野美穂
黒木瞳


主人公は短大生
原作は鈴木由美子の漫画
1999年にテレビ朝日で放映
主演は榎本加奈子と山口紗弥加
『可愛いだけじゃダメかしら?』(答)

川島 なお美(かわしま なおみ、1960年11月10日 – 2015年9月24日[1])は、日本の女優、タレント、歌手である。戸籍名は、鎧塚 なお美(よろいづか なおみ、旧姓:川島)。血液型はAB型。二人姉妹の長女。 愛知県守山市(現・名古屋市守山区)出身。2010年6月より太田プロダクション所属。夫はパティシエの鎧塚俊彦。
>主な作品
バラエティ番組
『お笑いマンガ道場』
テレビドラマ
『家なき子 (1994年のテレビドラマ)2』
『イグアナの娘』
『失楽園』
>愛知県立中村高等学校、青山学院大学文学部第二部英米文学科卒業。大学在学中に芸能界にデビュー。女子大生タレントの先駆けとなる。学生時代は剣道部に所属し有段者である。
>1982年、中京テレビ制作(日本テレビ系)『お笑いマンガ道場』の三代目女性レギュラーとなり、プロ顔負けの漫画のうまさと、芸人顔負けのネタの巧みさを披露し、同世代からの人気を獲得した(ちなみに女性レギュラー初代は元「ゴールデン・ハーフ」のエバ・マリー、二代目は秋ひとみ、四代目は森山祐子)。
>キャンパス・クィーンのイメージがいつまでも抜けず、出演番組は限られるなど不遇な時代が長く、広い世代に知名度が高まるまでにかなりの時間を要した。しかし、『イグアナの娘』や『失楽園(TVドラマ版)』への出演(特に失楽園はTVドラマでもヌードを辞さない主演で話題となった)をきっかけに、女優として知られるようになった。以降、ベッドシーンでは「子宮が呼吸できない気がする」との理由で撮影中に前張りを取ることを『週刊ポスト』(1997年11月3日号)のインタビューで告白したり、30代にしてヘアヌード写真集『WOMAN』を発表するなど、裸体も辞さないセクシー女優の代表格のように認知された(ちなみにヘアヌード黎明期に出版された写真集は大ヒットを記録した)。この方向転換は、判事だった父の立場を考慮し、父が退官するのを待ってから行った。
引用元:川島なお美 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E5%B3%B6%E3%81%AA%E3%81%8A%E7%BE%8E