キャサリン・ビグロー 元夫はジェームズ・キャメロン 女性初アカデミー監督賞 ミロス・フォアマンの教え子 『ハート・ロッカー』『K-19』(潜水艦)『ハート・ブルー』『ストレンジ・デイズ』

145RbMtdog
『K-19』
『ストレンジ・デイズ』
『ハート・ブルー』
『ハート・ロッカー』
ミロス・フォアマン
ジャン=ジャック・アノー
ラッセ・ハルストレム
キャサリン・ビグロー(答)

041nEXIxOVjXr
次のうち
潜水艦を舞台にした
映画を全て選びなさい
『U-571』(答)
『沈黙の要塞』
『K-19』(答)
『ユリョン』(答)


『マン・オン・ザ・ムーン』
『僕達のアナ・バナナ』
『カッコーの巣の上で』
『アマデウス』
ミロス・フォアマン(答)

連想
『愛人/ラマン』
『スターリングラード』
『薔薇の名前』
『子熊物語』
ジャン=ジャック・アノー(答)

連想
『愛に迷った時』
『サイダーハウス・ルール』
『シッピング・ニュース』
『ショコラ』
ラッセ・ハルストレム(答)

キャスリン・アン・ビグロー(Kathryn Ann Bigelow, 1951年11月27日 – )は、アメリカ合衆国の映画監督。SF・アクション・ホラーなど幅広いジャンルの作品を撮っている。史上初の女性によるアカデミー監督賞受賞者。
>その後コロンビア大学芸術大学院に入学し、映画理論と批評を学ぶ。在学中の1978年に短編映画『The Set-Up』で映画監督デビューし、当時教授だったミロス・フォアマンの好評を得、修士号の一部として提出した。1981年に初の長編『ラブレス』を制作。この頃GAPの広告モデルも務める。1989年にジェームズ・キャメロンと結婚したが、1991年に離婚した。
元夫キャメロンの小説を原作にした1995年の『ストレンジ・デイズ/1999年12月31日』は、1万5千人のエキストラを動員した大作だったが、制作費4,200万ドルに対し興行収入800万ドルという歴史的赤字となってしまう。2002年の『K-19』も制作費1億ドルに対し国内興行収入3,500万ドルとまったく振るわなかった。
イラクでの爆発物処理班の任務を描いた2009年の『ハート・ロッカー』は、制作費1,500万ドルの低予算映画ながらヴェネツィア国際映画祭で高い評価を受ける。本作は同年度公開となった元夫キャメロンの『アバター』と賞レースを争い、第82回アカデミー賞でも大きな話題となったが、結果的に『ハート・ロッカー』が作品賞、監督賞、オリジナル脚本賞、編集賞、音響編集賞、録音賞の6部門を制し、ビグロー自身も史上初の女性による監督賞受賞という快挙を成し遂げた。
引用元:キャスリン・ビグロー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%93%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC

ミロス・フォアマン(Miloš Forman [ˈmɪloʃ ˈforman]、本名:Jan Tomáš Forman、1932年2月18日 – )は、チェコスロヴァキア出身のアメリカ合衆国の映画監督。ミロシュ・フォアマンとも。チェコ・ヌーヴェルヴァーグの一員として活動した後アメリカに拠点を移し、アカデミー監督賞を2回受賞している。
>チェコ事件を機にアメリカに移住。1977年にはアメリカの市民権を取得している[3]。同年コロンビア大学の映画学科教授に就任。
1975年の『カッコーの巣の上で』と1984年の『アマデウス』でアカデミー監督賞を受賞。
『アマデウス』では作曲家モーツァルトを、『ラリー・フリント』ではポルノ雑誌「ハスラー」創刊者のラリー・フリントを描くなど、しばしば伝記映画を製作している。2006年には『宮廷画家ゴヤは見た』をハビエル・バルデム主演で、画家ゴヤの人生を映画化した。
引用元:ミロス・フォアマン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%B3

ジャン=ジャック・アノー(Jean-Jacques Annaud、1943年10月1日 – )はフランス・ジュヴィシー=シュル=オルジュ出身の映画監督。
>薔薇の名前 Le Nom de la Rose / Der Name der Rose (1986)
子熊物語 L’Ours / The Bear(1988)
愛人/ラマン L’Amant (1992)
愛と勇気の翼 Guillaumet, les ailes du courage / Wings of Courage(1995)
引用元:ジャン=ジャック・アノー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%EF%BC%9D%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%83%BC

ラッセ・ハルストレム(Lasse Hallström, 本名: Lars Sven Hallström, 1946年6月2日 – )は、スウェーデンの映画監督。
>1975年に監督としてデビューし、その後手がけたABBAの映画『アバ/ザ・ムービー』がヒットして知られるようになる。1985年の『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』でアカデミー賞監督賞にノミネートされ、ハリウッドに招かれる。以後、『ギルバート・グレイプ』や『サイダーハウス・ルール』などの良作を手掛ける。
引用元:ラッセ・ハルストレム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%A0