「八五郎」 『銭形平次』の子分 「ガラッ八」

065REXauSb
TVドラマ『銭形平次』で
「ガラッ八」と呼ばれる
銭形平次の子分は?
九次四八
一郎三五
八五郎(答)

『銭形平次』(ぜにがたへいじ)は、1966年5月4日-1984年4月4日まで、フジテレビ系列で毎週水曜20時から放映された連続テレビ時代劇。野村胡堂の小説『銭形平次 捕物控』を、大川橋蔵の主演でテレビドラマ化したシリーズ。
>ドラマ史上最長の全888話[1]という金字塔を打ち立て、ギネスブックで世界記録に認定されている。連続でない同一俳優、同一主人公のドラマとしては『暴れん坊将軍』(主演:松平健)の832話がこれに次ぐが、既にレギュラー版が中断して久しく、現代では複数クールの連続ドラマ自体がほとんど製作されなくなっている状況もあって、不滅の記録となっている。
引用元:銭形平次 (大川橋蔵) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%AD%E5%BD%A2%E5%B9%B3%E6%AC%A1_(%E5%A4%A7%E5%B7%9D%E6%A9%8B%E8%94%B5)

『銭形平次捕物控』(ぜにがたへいじ とりものひかえ)は、野村胡堂による小説、またこの小説を基にした映画、テレビ時代劇、舞台作品。翻案作品ではタイトルを単に『銭形平次』とするものもある。
神田明神下に住む岡っ引の平次(通称 銭形平次)が、子分の八五郎(通称:ガラッ八-ガラッパチ)と共に卓越した推理力と寛永通宝による「投げ銭」(重さ3.5グラムで、小石を投げつけるのと同じ)を駆使し、事件を鮮やかに解決していく。岡本綺堂『半七捕物帳』と共に最も有名な捕物帳(犯罪事件を題材とした時代物の推理小説)であり、代表的な時代劇作品の一つでもある。
作品の舞台が江戸時代のいつ頃かははっきりしない。原作の最初の頃は寛永期(1624年 – 1645年、江戸初期)を舞台にしていたが、第30話から文化文政期(1804年 – 1830年、江戸後期)に移っている[1]。
平次は架空の人物であるが、小説の設定から神田明神境内に銭形平次の碑が建立されており、銭形平次の顔出し看板も設置されている。
引用元:銭形平次 捕物控 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%AD%E5%BD%A2%E5%B9%B3%E6%AC%A1_%E6%8D%95%E7%89%A9%E6%8E%A7

八五郎(はちごろう)は、古典落語に登場する架空の人物。江戸落語を中心に活躍している。
通称「八っつあん」「ガラッ八」。「一目上がり」では「八」まで省略され、「がら」と呼ばれてしまう。「がら」とは江戸弁で「悪意はないが、軽々しくあけすけに喋ること」[1]を意味するが、そのあだ名どおり相当うるさい性格で、しかもおっちょこちょいというキャラクターである。人の話を半分しか聞かず、『つる』などで見られるように騒動を巻き起こすパターンも結構多い。
引用元:八五郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E4%BA%94%E9%83%8E

熊五郎(くまごろう)は、古典落語に登場する架空の人物。江戸落語・上方落語を問わずさまざまな落語で活躍している。
一人称は「俺」。通称『能天熊』。八五郎がおっちょこちょいとして描かれるのに対し、乱暴者として描かれる場合が多い[1]。お酒が何より大好きで、酒にまつわる失敗談も多々ある(後述)。その一方で「まんじゅうこわい」に見られる甘党の面もあり、「子別れ」や「藪入り」などのように子供との競演もかなり多い[1]。
引用元:熊五郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%8A%E4%BA%94%E9%83%8E