『インヒアレント・ヴァイス』ホアキン・フェニックス主演の映画 原作『LAヴァイス』 Inherent Vice「保険用語:固有の瑕疵」

032gWQkDSg
1970年代を舞台にホアキン・
フェニックス演じる探偵を主人公
とした、2015年4月公開の映画は
『◯◯◯◯◯◯◯・ヴァイス』?
イアヒトンンレ
インヒアレント(答)
『インヒアレント・ヴァイス』
Inherent Vice

『インヒアレント・ヴァイス』(Inherent Vice)は、トマス・ピンチョンの小説『LAヴァイス』を原作に、ポール・トーマス・アンダーソンが映画化した2014年のアメリカ映画。主演はホアキン・フェニックス、ジョシュ・ブローリン、オーウェン・ウィルソン。
第87回アカデミー賞では脚色賞と衣裳デザイン賞にノミネートされた。また、第72回ゴールデングローブ賞ではホアキン・フェニックスが主演男優賞にノミネートされた。
>1970年、ロサンゼルス。マリファナ常用者である私立探偵のドック(ホアキン・フェニックス)は元恋人のシャスタ(キャサリン・ウォーターストン)に不動産業界の大物ミッキー・ウルフマン(エリック・ロバーツ)にまつわる事件の調査を依頼される。
引用元:インヒアレント・ヴァイス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%92%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%B9

『LAヴァイス』 (エルエーヴァイス、Inherent Vice)は、トマス・ピンチョンの長編小説。2009年発表。探偵小説風の物語で、1970年当時の様々なポップカルチャーへの言及が多数ある。
2014年、ポール・トーマス・アンダーソン監督によって映画化された。
>原題の「inherent vice」は保険用語であり、「もともとの固有の性質として備わっている」という意味。例えば疲労亀裂などでものが破損した場合、それはもともとそれが固有の性質として破損したことになるので、保険会社は保険料の支払いを拒否することができる。本文中では「LAを船に見立てて、その海上保険契約を書くとしたら、地震源のサンアンドレアス断層は、その船に「固有の瑕疵」ということなる」と触れられている。
「inherent vice」という言葉は同じポストモダン作家ウィリアム・ギャディスの小説『認識』にも出てくる。
引用元:LAヴァイス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/LA%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%B9

inherent
【形】
〔性質などが〕本来備わっている、固有の、生得の
《法律》〔権利などが〕既得の◆【同】vested
引用元:inherentの意味・用例|英辞郎 on the WEB:アルク http://eow.alc.co.jp/search?q=inherent