『十三人の刺客』役所広司主演 松平斉韶(なりつぐ)の暗殺 三池崇史監督 『蝉しぐれ』市川染五郎主演 下級藩士牧文四郎

052iCChPHO
監督は三池崇史
稲垣吾郎、市村正親、内野聖陽
主演は役所広司
目的は松平斉韶(なりつぐ)の暗殺
『必死剣 鳥刺し』
『武士の家計簿』
『十三人の刺客』(答)
『蝉しぐれ』


原作は藤沢周平
緒形拳、木村佳乃、柄本明
主人公は下級藩士・牧文四郎
主演は市川染五郎
『蝉しぐれ』(答)

『十三人の刺客』(じゅうさんにんのしかく)は、2010年公開の日本映画。1963年の映画『十三人の刺客』を三池崇史の監督によりリメイクした作品。PG12指定。テレビ朝日・東宝提携作品。
キャッチコピーは、戦わなければ,変わらない。命を燃やせ。
>時は江戸時代後期の弘化元年(1844年)。将軍の異母弟にあたる明石藩主松平斉韶は暴虐・無法の振舞い多く、明石藩江戸家老間宮図書は老中土井大炊頭屋敷前にて切腹、憤死した。幕閣では大炊頭を中心に善後策を検討したが、将軍の意により、斉韶にはお咎めなし、となった。斉韶の老中就任が来春に内定していることを知る大炊頭は、やむなく暗黙のうちに斉韶を討ち取ることを決意し、御目付役の島田新左衛門を呼び出した。新左衛門は大炊頭の意を受け、自身を含めて13人で、参勤交代帰国途上の中山道落合宿にて斉韶を討つことにした。
引用元:十三人の刺客 (2010年の映画) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E4%B8%89%E4%BA%BA%E3%81%AE%E5%88%BA%E5%AE%A2_(2010%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%98%A0%E7%94%BB)

『必死剣 鳥刺し』(ひっしけん とりさし)は、2010年の日本映画。
>藤沢周平の短編時代小説シリーズ『隠し剣』の一編「必死剣 鳥刺し」を原作とした時代劇であり、同シリーズの映画化としては『隠し剣 鬼の爪』、『武士の一分』に続いて3作目である。キャッチコピーは「死ぬことさえ、許されない。ならば、運命を斬り開くまで。」。
>舞台は日本の江戸時代、東北の小藩・海坂藩。藩主・右京太夫は側室・連子に入れあげ、彼女にそそのかされるまま奢侈を重ねていた。これを見かね諫言した重臣は切腹に追い込まれ、百姓一揆が勃発するなどして藩内は乱れるなか、妻に死に別れて間もない藩士・兼見三左エ門は殿や他の藩士たちが見守る中で連子を刺殺する。藩主の悪政を改めることを意図した、自らの死を覚悟の上の確信犯としての行いだった。
引用元:必死剣 鳥刺し – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%85%E6%AD%BB%E5%89%A3_%E9%B3%A5%E5%88%BA%E3%81%97

堺雅人、仲間由紀恵を主演に迎え、磯田道史の歴史教養書「武士の家計簿『加賀藩御算用者』の幕末維新」を映画化。激動の幕末で、“算盤さむらい”と呼ばれ、加賀藩の算用者として財政に関わる下級武士と、その妻とが慎ましく生きる姿をつづる。久々の時代劇となった森田芳光監督ならではの人間味ある描写にホロリとさせられる。
引用元:武士の家計簿 | Movie Walker http://movie.walkerplus.com/mv46078/

『蟬しぐれ』(せみしぐれ)は、藤沢周平による日本の長篇時代小説。また、同作を原作とした2003年(平成15年)の日本のテレビドラマ、2005年(平成17年)の日本映画、1994年(平成6年)以降に発表された3作の日本の演劇作品である。藤沢作品の中でも代表的な小説のひとつである[1]。初出は『山形新聞』夕刊(1986年7月9日 – 1987年4月13日連載)[2]。
>海坂藩(作者創造による架空の藩。庄内藩がモデルとされる)を舞台に、政変に巻きこまれて父を失い、家禄を減らされた少年牧文四郎の成長を描く。小説の冒頭で文四郎は15歳。市中の剣術道場と学塾に通い、ひとつ年上の小和田逸平や同い年の島崎与之助と仲がよく、また隣家の娘ふくに不思議と心を引かれ、すこしずつ大人になりつつある年頃である。平凡な日々がおだやかに過ぎてゆくなかで、お世継ぎをめぐる政争が表面化し、これに関与していた養父助左衛門は切腹を命ぜられる。
引用元:蝉しぐれ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9D%89%E3%81%97%E3%81%90%E3%82%8C