ジョージ・A・ロメロ『モンキー・シャイン』『クリープショー』『死霊のえじき』『ゾンビ』 サム・ライミ『死霊のはらわた』 スチュアート・ゴードン『死霊のしたたり』

048ltxuERq
『モンキー・シャイン』
『クリープショー』
『死霊のえじき』
『ゾンビ』
ダリオ・アルジェント
ウェス・クレイヴン
ジョージ・A・ロメロ(答)
ミケーレ・ソアビ

CIMG2898NBEVFatDZwRT
2013年の映画『オゾンビ』で
ゾンビとなって復活する人物は
金正日である
×(答)
◯オサマ・ビンラディン

132zEPRFxs
『デッドリー・フレンド』
『サランドラ』『スクリーム』
『エルム街の悪夢』シリーズなど
のホラー映画で有名な監督は?
スイン・クウレヴェ
ウェス・クレイヴン(答)
Wes Craven
引用元:『サランドラ』 ウェス・クレイヴン(『エルム街の悪夢』監督)のホラー映画 邦題は「サラマンドラ」のもじり | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/3173/

059gHDGedq
仮面の男役はミケーレ・ソアビ
監督はランベルト・バーバ
ニコレッタ・エルミ
舞台は映画館
『デモンズ5』
『デモンズ’ 95』
『デモンズ2』
『デモンズ』(答)
引用元:『デモンズ』舞台は映画館『デモンズ2』舞台は高層マンション『デモンズ3』舞台は大聖堂 | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/18213/


『ギフト』
『クイック&デッド』
『死霊のはらわた』
『スパイダーマン』
サム・ライミ(答)

連想
死霊伝説
ヴァン・ヘルシング
フライトナイト
ブレイド
ドラキュラの画像(答)

連想
『ドールズ』
『ペンデュラム』
『フロム・ビヨンド』
『死霊のしたたり』
スチュアート・ゴードン(答)

連想
ダリオ・アルジェント監督
主演はジェシカ・ハーバー
決して1人では見ないで下さい
舞台はドイツの名門バレエ学校
『サスペリア』(答)

連想
ダリオ・アルジェント監督
音楽はゴブリン
主人公はピアニスト
幽霊屋敷の秘密
『サスペリアPART2』(答)

連想
ダリオ・アルジェント監督
共演はドナルド・プレザンス
虫や動物と交信できる少女
主演はジェニファー・コネリー
フェノミナ(答)

連想
ダリオ・アルジェント監督
音楽はキース・エマーソン
3人の魔女
リー・マクロスキー主演
インフェルノ(答)

連想
『サランドラ』
『デッドリー・フレンド』
『エルム街の悪夢』
『スクリーム』
ウェス・クレイヴン(答)

ジョージ・アンドリュー・ロメロ(George Andrew Romero, 1940年2月4日 – )は、アメリカ合衆国の映画監督。脚本家、編集者、俳優、作曲家でもある。ニューヨーク市出身。父親はキューバ系、母親はリトアニア系。
ゾンビ映画の第一人者。ホラー映画の巨匠、カルト映画の鬼才として知られる。
>幼少時からの映画好きで『ホフマン物語』(1952年製作のイギリス映画:ミュージカル)に感銘を受け、映画制作の夢を志す。ベラ・ルゴシ主演の古典的名作『魔人ドラキュラ』(1931年)、ボリス・カーロフ主演『フランケンシュタイン』(1931年)なども非常に好きだったようで、それが後年のゾンビものなどのキャラクターの設定やホラー映画製作にも大きな影響を与えた。
>1973年に製作者リチャード・P・ルビンスタイン(英語版)と出会い、ローレル・プロダクションを設立。同社製作の現代吸血鬼もの『マーティン/呪われた吸血少年』(1977年)がヨーロッパで話題を呼び、ロメロの才能に気付いたイタリアンホラーの名監督ダリオ・アルジェントが共同出資を申し出て、1978年に『ゾンビ』(原題:Dawn of the Dead)を完成させる。代表作となったこの映画は150万ドルという低予算ながら、世界中で大ヒットした。
>1982年には、盟友スティーブン・キングの脚本で『クリープショー』の製作を皮切りに再びホラー映画を監督するようになった。『ゾンビ』は2004年にリメイクされ、『ドーン・オブ・ザ・デッド』(監督:ザック・スナイダー、原題は1978年版と同じ)の邦題で公開された。そして、2005年にはデニス・ホッパーやアーシア・アルジェントら有名スターを起用しての久々のゾンビ映画『ランド・オブ・ザ・デッド』を監督したが、興行は振るわなかった。しかし、ロメロの生み出したホラー映画は世界中のゲームや映画などの映像クリエーターらに、現在でも多くの影響を与え続けている。また、『マーティン』や『ゾンビ』では俳優として出演しているほか、ジョナサン・デミ監督からの熱烈なオファーにより『羊たちの沈黙』(1991年)ではFBI捜査官役で出演している。また、ホラーゲーム『バイオハザード』の映画版を監督する話もあったが、製作段階で降板してしまう。
引用元:ジョージ・A・ロメロ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BBA%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%A1%E3%83%AD

全身麻痺の男の深層心理を行動に移す、人工的に知能が促進させられた猿次々と殺人を犯していくサイコ・スリラー。監督、脚本は「死霊のえじき」のインディペンデントの雄ジョージ・A・ロメロ。本作が初のメジャー作品である。製作はチャールズ・エヴァンス。エグゼクティブ・プロデューサーはピーター・グルンワルドとジェラルド・パオネサ。原作はマイクル・スチュワート。音楽はデイヴィッド・シャイアが担当。
引用元:モンキー・シャイン | Movie Walker http://movie.walkerplus.com/mv9070/

50年代のECコミックスに影響を受けたジョージ・A.ロメロ監督と小説家のスティーブン・キングが協力して作った5話のオムニバス・ホラー。製作はリチャード・P・ルービンスタイン。エグゼクティヴ・プロデューサーはサラ・M・ハッサネイン。監督はロメロ、脚本はキング。撮影はマイケル・ゴーニック、音楽はジョン・ハリソン、特殊メイク効果はトム・サヴィーニが担当。出演はスティーブン」キング、E・G・マーシャルなど。
引用元:クリープショー | Movie Walker http://movie.walkerplus.com/mv2647/

不死者(アン・デッド)たちが人間に襲いかかるという流血ホラー。68年のNight of the Living Dead、77年の「ゾンビ」に続く3部作の最終編。製作は73年以来、ロメロと組んでいるリチャード・P・ルービンスタイン。エグゼクティヴ・プロデューサーはサラ・M・ハッサネイン。監督・脚本はジョージ・A・ロメロ。撮影はマイケル・ゴーニック、音楽はジョン・ハリソン、特殊メイク効果はトム・サヴィーニが担当。出演はロリー・力ーディル、リチャード・リバティほか。
引用元:死霊のえじき | Movie Walker http://movie.walkerplus.com/mv4151/

ある惑星の大爆発の影響で地上の死者が甦り、生者の肉を求めて彷徨するというSFミステリー映画。製作はクラウディオ・アルジェントとアルフレッド・クオモ、監督は日本初登場のジョージ・A・ロメロ、脚本もジョージ・A・ロメロ、撮影はトム・サヴィーニ、音楽は「サスペリア2」のゴブリンが各々担当。なお、ダリオ・アルジェントが製作に協力している。出演はデイヴィッド・エンゲ、スコット・H・ラインガー、ケン・フォーレ、ゲイレン・ロスなど。
引用元:ゾンビ | Movie Walker http://movie.walkerplus.com/mv10356/

ダリオ・アルジェント(Dario Argento, 1940年9月7日 – )は、数多くのホラー映画を手がけている映画監督、映画プロデューサー、脚本家である。イタリア、ローマ生まれ。
>アルジェントとしては珍しい歴史ドラマ『ビッグ・ファイブ・デイ』を撮ったあと、1975年の『サスペリアPART2』でシッチェス国際恐怖映画祭のグランプリを受賞。1977年の『サスペリア』で超自然的なテーマの作品にも進出、続く『インフェルノ』の2作で独自の世界を構築する。『サスペリア』の成功を経て、プロデューサーとしての活動も開始。ジョージ・A・ロメロ監督の『ゾンビ』の制作費を集め、ヨーロッパでの配給権を得た。
引用元:ダリオ・アルジェント – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88

ウェス・クレイヴン(Wes Craven、本名:Wesley Earl Craven、1939年8月2日 – 2015年8月30日)はアメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド出身の映画監督、脚本家、映画プロデューサー。
>主な作品
『エルム街の悪夢』 (1984)
『スクリーム』シリーズ
引用元:ウェス・クレイヴン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%83%B3

Michele Soavi, sometimes known as Michael Soavi (born 3 July 1957)[1] is an Italian filmmaker.
As Director[edit]
Dario Argento’s World of Horror (1985) documentary
Stage Fright (1987)
The Church (1989) aka Demons 3
The Sect (1991) aka The Devil’s Daughter or Demons 4
Cemetery Man (1994) aka Dellamorte Dellamore
St. Francis (2002)
The Goodbye Kiss (2006)
Blood of the Losers (2008)
引用元:Michele Soavi – Wikipedia, the free encyclopedia https://en.wikipedia.org/wiki/Michele_Soavi