歩き始めた「みい」ちゃん 童謡『春よ来い』 相馬御風作詞 弘田龍太郎作曲

073dbZVKoS
童謡『春よ来い』で
「歩き始めた◯◯ちゃん」
と歌われている?
◯を答えなさい
ちい(答)

歩き始めた「みいちゃん」って誰?

歌詞に登場する「みいちゃん」とは、相馬御風の長女「文子(ふみこ)」がモデルとされている。

「じょじょ(草履)」「おんも(表・外)」などの幼稚語をうまく取り入れつつ、「あるきはじめた」ばかりのみぃちゃんの視点を通して、雪に閉ざされた越後の冬で静かに春を待ち望む人々の強い思いが伝わってくる。
引用元:春よ来い 童謡・唱歌 歌詞と試聴 http://www.worldfolksong.com/songbook/japan/haruyokoi.htm

春よこい

日本の唱歌の題名。作詞:相馬御風、作曲:弘田龍太郎。発表年は1923年。歌いだしは「春よこい 早くこい」。
引用元:春よこいとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%98%A5%E3%82%88%E3%81%93%E3%81%84-730720

相馬 御風(そうま ぎょふう、1883年(明治16年)7月10日 – 1950年(昭和25年)5月8日)は日本の詩人・歌人・評論家。本名は昌治(しょうじ)。新潟県糸魚川市出身。早稲田大学文学部哲学科卒業。詩歌や評論のほか、早稲田大学校歌「都の西北」をはじめとした多くの校歌や童謡の作詞者としても知られる。
歌舞伎研究者の相馬皓は三男。
引用元:相馬御風 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E9%A6%AC%E5%BE%A1%E9%A2%A8

弘田 龍太郎(ひろた りゅうたろう、1892年(明治25年)6月30日 – 1952年(昭和27年)11月17日)は、作曲家。
>代表作に『鯉のぼり』『浜千鳥』『叱られて』『金魚の昼寝』『雨』『雀の学校』『春よこい』『靴が鳴る』など多数。他に歌曲『千曲川旅情のうた』、オペラ『西浦の神』、仏教音楽『仏陀三部作』、映画音楽『くもとちゅうりっぷ』など。
引用元:弘田龍太郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%98%E7%94%B0%E9%BE%8D%E5%A4%AA%E9%83%8E