「コダーイ」ハンガリーの作曲家 『ハーリ・ヤーノシュ』『ハンガリー詩篇』『マロシュセーク舞曲』『管弦楽のための協奏曲』

015zmZTmxJ
『管弦楽のための協奏曲』
『マロシュセーク舞曲』
オペラ『ハーリ・ヤーノシュ』
合唱曲『ハンガリー詩篇』
グリンカ
バルトーク
コダーイ(答)
ジョルダーノ


オペラ『ルスランとリュドミラ』
交響詩『カマリンスカヤ』
オペラ『イワン・スサーニン』
別名「ロシア音楽の父」
グリンカ(答)


バレエ『かかし王子』
交響詩『コシュート』
ピアノ曲集『ミクロコスモス』
オペラ『青ひげ公の城』
バルトーク(答)


オペラ『ディアス女王』
オペラ『フェードラ』
オペラ『堕落した生活』
オペラ『アンドレア・シェニエ』
ジョルダーノ(答)

コダーイ・ゾルターン(Kodály Zoltán, 1882年12月16日 – 1967年3月6日)は、ハンガリーの作曲家、民族音楽学者、教育家、言語学者、哲学者。
>コダーイはこの間にも作曲を行い、2曲の弦楽四重奏、「チェロとピアノのためのソナタ」と「ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲」を発表するも、すぐには成功を収めなかったが、1923年にブダ・ペスト合併50周年記念の演奏会で「ハンガリー詩篇」が初演され、大成功となる。この後コダーイは自身の楽曲の指揮者としてヨーロッパ中を巡る事になる。
>コダーイはまた、プロの合唱団のための曲と共に、「マロシュセーク舞曲」「ガランタ舞曲」「『孔雀』による変奏曲」「ミサ・ブレヴィス」といった作品を作曲する。オペラ「ハーリ・ヤーノシュ」の組曲も、オペラそのものの上演は少なかったものの、有名となった。
引用元:コダーイ・ゾルターン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%BE%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3

コダーイ【Kodály Zoltán】

(1882~1967) ハンガリーの作曲家。バルトークらと民謡を収集・研究し,民族色豊かな作品を書いた。また,民謡やわらべ歌に基づく音楽教育の体系(コダーイ-システム)を提唱した。作,組曲「ハーリ=ヤーノシュ」「ガランタ舞曲」など。
引用元:コダーイ(コダーイ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%A4-65025

グリンカ
Glinka, Mikhail Ivanovich

[生]1804.6.1. スモレンスク,ノボスパススコエ
[没]1857.2.15. ベルリン
ロシアの作曲家。 J.フィールド,C.マイヤーにピアノを学ぶ。 1830年イタリアに行き,G.ドニゼッティ,V.ベリーニに会い,のちベルリンの S.デーンに音楽理論を学ぶ。帰国後,ロシア国民音楽の創造に全力を注ぎ,ロシアに題材をとったオペラ『イワン・スサーニン』 (1836) ,『ルスランとリュドミラ』 (42) を作曲。
引用元:グリンカ(グリンカ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AB-57108

バルトーク
Bartók Béla

[生]1881.3.25. ナジュセントミクローシュ
[没]1945.9.26. ニューヨーク
ハンガリーの作曲家。5歳から母にピアノの手ほどきを受け,18歳でブダペストの王立音楽院に入学,ハンス・ケスラーに師事。長年コダーイ・ゾルタンと協力し,マジャールの古民謡を採集,研究し,また自身の創作活動の基礎とした。
引用元:バルトーク(バルトーク)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AF-117312

ジョルダーノ
Giordano, Umberto

[生]1867.8.27. フォッジャ
[没]1948.11.12. ミラノ
イタリアの作曲家。ミラノ音楽院で学び,P.マスカーニの流れをくむベリズモ・オペラの作曲家として活躍した。代表作はフランス革命に題材を取った『アンドレア・シェニエ』 (1896) 。ほかに『誓約』『無遠慮夫人』など。
引用元:ジョルダーノ(ジョルダーノ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%8E-80663