「ダン・タイ・ソン」ベトナムのピアニスト ショパン国際ピアノコンクールで優勝 「田中希代子」1955第5回大会で日本人初入賞

135oWPNfCF
1980年にアジア人で初めて
ショパン国際ピアノコンクール
で優勝したベトナム出身の
ピアニストは誰?
ンイソ・ンダタ・
ダン・タイ・ソン(答)
Đặng Thái Sơn
鄧泰山

CIMG0907pRMQCjIHXDCi
1955年に開催された第5回
ショパン国際ピアノコンクールで
10位となり、日本人初の入賞を
果たした女性ピアニストは誰?
遠藤郁子
中村紘子
田中希代子(答)
原智恵子

◯×
ショパン国際ピアノコンクールが開催される国は彼の故郷ポーランドである
◯(答)

◯×
ショパン国際ピアノコンクールの課題曲は全てショパンの作品と決められている
◯(答)

ダン・タイソン(Đặng Thái Sơn、鄧泰山、1958年7月2日 – )はベトナム・ハノイ出身のピアニスト。現在はカナダのモントリオール在住。
1980年にアジア人で初めてショパン国際ピアノコンクールの覇者となった。ダン・タイソンの栄光の裏では、イーヴォ・ポゴレリチの評価をめぐって審査員が紛糾し、マルタ・アルゲリッチがポゴレリッチの排除に異議を唱えて退席するという騒動があった。しかしながらダン・タイソンはその論戦にも邪魔されることなく、演奏会ピアニストとして目覚しい経歴を重ねてきた。
引用元:ダン・タイ・ソン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%B3

●プロフィール

 1958年ベトナムのハノイ生まれ。父は詩人、母はピアニスト。ハノイ音楽学校で母に学んだ後、モスクワ音楽院に留学。留学中の1980年、ショパン国 際ピアノ・コンクールでアジア人として初の優勝を飾り、併せてマズルカ賞、ポロネーズ賞、コンチェルト賞も受賞してセンセーションを巻き起こした。以来、 世界の40ヵ国以上を訪れてリサイタルやトップ・オーケストラとの共演を重ねている。日本にも1981年以来しばしば訪れ、着々と人気を高めている。最近 では、2002年サカリ・オラモ指揮バーミンガム市響、2004年ジョン・ネルソン指揮パリ室内管弦楽団と日本ツアーを行い好評を博した。また、ダン・タ イ・ソンの波瀾万丈の半生を追った書籍「ショパンに愛されたピアニスト」(ヤマハミュージックメディア)が出版され、注目を集めた。CDはビクターエンタ テインメントからのショパン作品集をはじめ、ドイツ・グラモフォン、メロディア、CBSソニーなどからも数々の名盤がリリースされている。現在、国立音楽 大学の招聘教授。カナダのモントリオール在住。
引用元:KAJIMOTO | アーティスト | ダン・タイ・ソン http://www.kajimotomusic.com/jp/artists/k=63/

田中 希代子(たなか きよこ、1932年2月5日 – 1996年2月26日)は昭和時代に活躍した日本のピアニスト、ピアノ教育家。
田中は、ジュネーヴ国際音楽コンクール(第14回1952年)、ロン=ティボー国際コンクール(第5回1953年)、ショパン国際ピアノコンクール(第5回1955年)[1]の3つの国際コンクールの日本人初入賞者として知られる。
30歳代後半に難病により引退したが、その後は後進の育成に努めた。また、現役時代から当時の皇太子妃(現美智子皇后)から慕われたピアニストとしても知られる。
引用元:田中希代子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E5%B8%8C%E4%BB%A3%E5%AD%90

ショパン国際ピアノ・コンクール(ショパンこくさいピアノコンクール、波:Międzynarodowy Konkurs Pianistyczny im. Fryderyka Chopina)は、ポーランドの生んだ作曲家兼ピアニストのフレデリック・ショパンを記念したピアノ演奏のコンクールで、正式名称はフレデリック・ショパン国際ピアノ・コンクールである。
1927年に第1回が開催された。現在世界的に最も権威あるコンクールの一つと言われ、ピアニストを目指す者にとっては最高の登竜門と見なされている。エリザベート王妃国際音楽コンクール、チャイコフスキー国際コンクール、そして本コンクールを合わせて世界三大コンクールと称される。
>ショパンの故郷であるポーランドの首都ワルシャワで5年に1回、ショパンの命日である10月17日の前後3週間にわたって開催される。ショパンは、第一次世界大戦で解放されるまで他国によって虐げられたポーランド人の誇りである。大戦後ポーランド人は、ショパンの名を冠した国際ピアノコンクールを、ショパンの命日を中心とした期間に開催することにした。コンクール出場資格は16歳以上30歳以下の年齢制限がある。
引用元:ショパン国際ピアノコンクール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%91%E3%83%B3%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB