「赤」「緑」「白」「青」 『パネルクイズアタック25』解答者席画面左から

346TqiOtEX
次のテレビ番組『パネルクイズ
アタック25』の解答者席に
使われている色を視聴者から
見て左から順に選びなさい



途中に「W」が入りますが、概ね「RGB」みたいなイメージで。

hVsDlym
引用元:パネルクイズ アタック25|ルールの説明|朝日放送 http://asahi.co.jp/attack25/rule/

『パネルクイズ アタック25』(パネルクイズ アタックにじゅうご、ラテン文字表記:PANEL QUIZ ATTACK 25)は、1975年4月6日から朝日放送(ABC)が制作し、ANN系列で放送されている、日本の民放唯一の参加者を限定しない(原則として5年以内の出場者は除く)視聴者参加型クイズ番組。ハイビジョン制作、ステレオ放送、字幕放送を実施している。一般には単に「アタック25」と呼ばれる例が比較的多く、新聞などのテレビ欄にも「クイズアタック25」、あるいは「アタック25」などと表記される場合もある。
放送開始にあたっては、とあるABCのスタッフが、子供にオセロゲームを買ったことを思い出し、「このオセロゲームを使ったテレビ番組はどうだろう」と言ったのがこの企画が生まれる発端だった。次に放送時間内にクイズを答えてすべての面が埋まり、面を最も多く獲得した解答者が海外旅行を賭けたクイズに挑戦すると仮定した場合、面の数は何枚が良いのかを試行錯誤の末に出した結論が25枚だった。また、企画段階では最終的に獲得した面の数とは別に、クイズの正解数に応じて賞金を出すという案もあったが、あくまで「面の数」にこだわり、これがこの番組の最大のウリとしてプロデューサーが一蹴。さらに、使用する面には赤・緑・白・青という「色」を使うが、当時はまだ一般家庭の一部に白黒テレビが残っていたことを理由に、この企画には社内やスポンサーから難色を示す声も上がったという。しかし、プロデューサーは「将来テレビはすべてカラーになる」と説得して回って実現させた。
>4人の参加者が、赤 ()・緑 ()・白 ()・青 ()の4色に分かれて戦う。

引用元:パネルクイズ アタック25 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%82%BA_%E3%82%A2%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%AF25