東海テレビお昼のドラマ順『愛の嵐』『華の嵐』『夏の嵐』『新・愛の嵐』

344iBAvfdX
次の東海テレビ制作の
お昼のドラマを
放映されたのが早い順に
選びなさい
『愛の嵐』 1986
『華の嵐』 1988
『夏の嵐』 1989
『新・愛の嵐』 2002

東海テレビ制作昼の帯ドラマ(とうかいテレビせいさくひるのおびドラマ)は、東海テレビが制作し、フジテレビ系列28局で、月曜日から金曜日の13時台後半に放送されている昼の帯ドラマシリーズ枠の1つ。
本枠の名称について、東海テレビの公式資料・公式会見・公式ウェブサイトでは『昼の帯ドラマ』[1][2][3]や通称である『昼ドラ』[1][3]、または『昼の連続ドラマ』[3][4][5]が用いられている。
>2015年10月28日付スポーツニッポンにおいて、およそ52年間続いたこの枠の放送が2016年3月を以って終了すると報道された[11]。これは、フジテレビが視聴率回復を目指すための月-金曜昼帯の番組改編の一環であり、前枠の『ライオンのごきげんよう』も終了し[12]、本番組および『ごきげんよう』、続く14〜15時台『直撃LIVE グッディ!』の後番組として、月〜金曜日13時頃からの3時間枠で加藤綾子(フジテレビアナウンサー)MCによる新情報番組(タイトル未定)が2016年4月より開始される[13]。東海テレビのキー局フジテレビ社長の亀山千広が、11月27日の社長定例会見において、本ドラマ枠を2016年3月を以って終了することを正式に発表した際は、同会見中に「本来は制作局である東海テレビが発表することである」「失言でした」と謝罪する異例の事態となった[14]。これにより、民放の帯ドラマは全て姿を消すことになる。本枠廃止に伴う東海テレビ制作全国ネット枠の動向は未定。
引用元:東海テレビ制作昼の帯ドラマ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%B5%B7%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E5%88%B6%E4%BD%9C%E6%98%BC%E3%81%AE%E5%B8%AF%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E

『愛の嵐』(あいのあらし)は、1986年6月30日から10月3日の月曜から金曜に東海テレビ・フジテレビ系で全69話が放送された昼ドラマである。
後に『華の嵐』(1988年)、『夏の嵐』(1989年)と続く『嵐シリーズ』の第1作。後にリメイクされた『新・愛の嵐』(2002年)も人気になった。
引用元:愛の嵐 (1986年のテレビドラマ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9B%E3%81%AE%E5%B5%90_(1986%E5%B9%B4%E3%81%AE%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E)

『華の嵐』(はなのあらし)は、1988年に放送された東海テレビ・泉放送制作が制作している昼ドラである。放映回数は全70話。
1986年の『愛の嵐』、本作、1989年の『夏の嵐』の3作を『嵐三部作』と呼ぶ。また、「グランドロマン」と言われることもある。
その後、この作品を元として『華の別れ』、『華の誓い』と『華三部作』を形成したが、内容に関しては全くの別物である。
引用元:華の嵐 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%AF%E3%81%AE%E5%B5%90

『夏の嵐』(なつのあらし)は、1989年(平成元年)に放送された東海テレビ・泉放送制作が制作した昼ドラ。7月3日から10月6日までの毎週月曜日 – 金曜日の午後1時30分から放送。全70話。
1986年の『愛の嵐』、1988年の『華の嵐』と併せ“嵐三部作”を形成した。
前年の『華の嵐』とほぼ同様のキャストで、ストーリーや展開も『華の嵐』そっくりである。このドラマで共演した高木美保と渡辺裕之はゴールデンコンビと呼ばれた。
東海テレビ昼ドラはこの作品以降すべてステレオ放送になった。
引用元:夏の嵐 (1989年のテレビドラマ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%8F%E3%81%AE%E5%B5%90_(1989%E5%B9%B4%E3%81%AE%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E)

『新・愛の嵐』(しん・あいのあらし)は、2002年7月1日から9月27日にかけて、東海テレビ制作・フジテレビ系列で放送された昼ドラマ。
>本作は1986年に放送され大ヒットした『愛の嵐』のリメイク版。川端猛→鳥居猛、三枝伝右衛門→三枝伝衛門など一部役名がオリジナル版と異なり、物語も開始当初はほぼオリジナル版と同じ展開であったが、ひかるの結婚以降はオリジナルと異る部分も多く、ラストはオリジナルとは全く異なるものとなっている。
引用元:新・愛の嵐 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E3%83%BB%E6%84%9B%E3%81%AE%E5%B5%90