「ベラ科」「キュウセン」「メガネモチノウオ(ナポレオンフィッシュ)」「コブダイ」

454XtdODIR
次のうち、ベラ科の魚を
1つ選びなさい
マダラタルミ 「フエダイ科」
コマイ 「タラ科」
キュウセン(答)
アカムツ 「ホタルジャコ科」
メガネモチノウオ(答)
ネズミゴチ 「ネズッポ科」

ベラつながり「ベラ・ルゴシ」も復習しましょう。

CIMG2866IKoPdCnjAWjP
トッド・ブラウニング監督による
1931年の『魔人ドラキュラ』以降
ドラキュラ俳優として一世を風靡
したハンガリー出身の俳優は?
ラシ・ルゴベ
ベラ・ルゴシ(答)
Béla Lugosi

CIMG4496
氷に穴を開けて釣ることから
漢字で「氷下魚」と書く
タラ科の魚は◯◯◯?
◯を答えなさい
コマイ(答)

CIMG4954
石川県金沢市の名物料理に
用いられる魚です

ごり(答)

◯×
無理やり推し進めることを意味する「ゴリ押し」の「ゴリ」は魚の名前である
◯(答)

CIMG0138qYQCsXRoVDGq
コチの仲間に似ている
スズキ目の魚です
鼠坊
ネズッポ(答)
引用元:魚偏の漢字「鮴」ごり「ゴリ押し」由来 「鱸」すずき「鯑」かずのこ「鯡」にしん「鰕」えび | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/14599/

ベラ(倍良、遍羅、英名:Wrasse、ラス)は、スズキ目ベラ亜目ベラ科 Labridae に属する魚の総称。世界中の暖かい海に約500種が生息する。日本近海には約130種が生息し、磯やサンゴ礁などで普通に見ることができる。
ベラ科の魚は体長10 -30 cm 程度の比較的小さな種類が多いが、コブダイなど体長1 m に達する大型魚も含まれる。ベラ科の最大種メガネモチノウオ(ナポレオンフィッシュ)はまれに体長2 m を超える個体が存在する。
多くは鮮やかな色彩をもち、雄と雌で体色が異なる。成長に伴って性転換を行う種も多い。キュウセンなど一部の種は夜、砂に潜って眠ることが知られている。ソメワケベラの仲間は、他の魚の口の中や体表を掃除するという特異な生態をもっており、掃除魚などと呼ばれる。
引用元:ベラ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%A9

320px-キュウセン(スズキ目ベラ亜目ベラ科キュウセン属)6233622
キュウセン(求仙[1]、学名:Halichoeres poecilopterus)は、スズキ目ベラ亜目ベラ科に分類される魚の1種。日本沿岸では個体数が多く馴染み深いベラで、食用に漁獲される。
関東地方ではあまり食用にしないが、関西地方では好まれ、高値で取引される。特に瀬戸内海に多産し美味とされるが、外洋沿岸産は味が劣るとされる[誰によって?]。
>メスは体長20cm ほど。体色は黄褐色で、背面中央と体側に黒色の太い縦帯が入り、黒帯の内外に点線状の赤い縦線がある。「キュウセン」という和名は、この線の数を計9本とみたことに由来する[2]。元々「キュウセン」は神奈川県三浦半島で使われていた呼称で、これが全国に定着する形となった[3]。
>一方、オスは体長30cm、稀にそれ以上に達するものがいる。体色は鮮やかな黄緑色で、体側の縦帯がメスより広く不明瞭になる。胸びれの後方に大きな藍色の斑点が1つある。この体色の違いからメスは「アカベラ」、オスは「アオベラ」とも呼ばれる。極端な性的二形のため、別種と思われることもある。
引用元:キュウセン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%82%BB%E3%83%B3

ziLVFWR
引用元:File:Humphead wrasse melb aquarium.jpg – Wikipedia, the free encyclopedia https://en.wikipedia.org/wiki/File:Humphead_wrasse_melb_aquarium.jpg
メガネモチノウオ (学名 Cheilinus undulatus )は、スズキ目・ベラ科に分類される魚の一種で、ベラ科の魚ではもっとも大きくなる。インド太平洋の熱帯海域に広く分布する大型の海水魚である。ナポレオンフィッシュという別名でも知られる。
引用元:メガネモチノウオ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%AC%E3%83%8D%E3%83%A2%E3%83%81%E3%83%8E%E3%82%A6%E3%82%AA

マダラタルミ(斑たるみ、学名 Macolor niger) は、スズキ目・フエダイ科に分類される魚の一種。インド太平洋熱帯域のサンゴ礁に生息する肉食魚で、幼魚の体色が白黒に色分けされる。分布域に入る沖縄ではイナフクとも呼ばれる。
マダラタルミ属 Macolor は、本種とホホスジタルミ M. macularis の2種だけで構成される。
>和名の「マダラ」は幼魚期の体色に由来し、「タルミ」は浅海性フエダイ類の別名である。英名”Black and white snapper”も「黒と白のフエダイ」で、やはり幼魚期の体色に由来する。また学名の属名”Macolor”も、「斑」を意味するラテン語”Macula”に由来する。
引用元:マダラタルミ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%80%E3%83%A9%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%9F

コマイ(氷下魚、学名 Eleginus gracilis、英語: Saffron cod)は、タラ目タラ科に属する魚類。カンカイ(寒海)とも呼ばれる。マダラ・スケトウダラと並び、日本近海に生息するタラ類の1つ。
引用元:コマイ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%9E%E3%82%A4

アカムツ(赤鯥[1]、学名:Doederleinia berycoides)とはスズキ目スズキ亜目ホタルジャコ科に属する暖海性魚類である。スズキ科とする分類もある。別名、ノドグロ(喉黒)。なお、スズキ目ムツ科のムツとは別種である[1]。ムツと違ってアカムツには両顎に犬歯がない[2]。
引用元:アカムツ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%A0%E3%83%84

ネズミゴチ(鼠鯒)Repomucenus richardsonii は、スズキ目ネズッポ亜目ネズッポ科に分類される魚類。日本を含む東アジア沿岸域に分布する広義のコチの一種で、食用にもなる。
地方名で「メゴチ」と呼ばれることが多いが、カサゴ目コチ科に属するメゴチ(標準和名)とは別種である。
引用元:ネズミゴチ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%82%BA%E3%83%9F%E3%82%B4%E3%83%81