『アメリカ横断ウルトラクイズ』『世界ビックリ大賞』『元祖どっきりカメラ』 日本テレビ『木曜スペシャル』

293BkoKCiE
次のうち、日本テレビの
『木曜スペシャル』枠で放送
された番組を1つ選びなさい
徳川埋蔵金発掘プロジェクト TBS『ギミア・ぶれいく』
アメリカ横断ウルトラクイズ(答)
世界ビックリ大賞(答)
ザ・ガマン フジテレビ『火曜ワイドスペシャル』
ドリフと女優の爆笑劇場 テレビ朝日『水曜スペシャル』
元祖どっきりカメラ(答)
スタードッキリ(秘)報告 フジテレビ『火曜ワイドスペシャル』
ものまね王座決定戦 フジテレビ『火曜ワイドスペシャル』

『木曜スペシャル』(もくようスペシャル)は、日本テレビ系列で1973年4月5日から1994年3月31日にかけて木曜日に放送された単発特別番組枠である。本項ではBS日テレで2014年4月3日から2015年9月24日まで放送された同名番組についても触れる。
>1977年10月、日本テレビ開局25周年記念番組として『史上最大!アメリカ横断ウルトラクイズ』を放送。日本テレビの看板番組となり、以後1992年(第16回)まで毎年続いた。
>元祖どっきりカメラ
>アメリカ横断ウルトラクイズ(1977年 – 1992年[14])
>世界珍人・奇人グランプリ → 世界ビックリ大賞(タイトル変更)
引用元:木曜スペシャル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E6%9B%9C%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB

『元祖どっきりカメラ』(がんそどっきりカメラ)は、1970年代から1990年代まで日本テレビほかで放送されたバラエティ番組シリーズの1タイトル。
>その後、1974年から1989年までは『木曜スペシャル』内で、3か月に1回周期の単発番組として放送された。司会は当初は金原が務めていたが、のちに宍戸錠と石川牧子(当時日本テレビアナウンサー)に交替した。その後、プラカード役を務めていた野呂圭介の降板を機に番組は一旦終了。のちに司会に高橋英樹と山田邦子を、プラカード役に笑福亭笑瓶を起用した新作が放送されたが、結局定期放送には至らなかった。以来このシリーズは放送されていない。
引用元:元祖どっきりカメラ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%83%E7%A5%96%E3%81%A9%E3%81%A3%E3%81%8D%E3%82%8A%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9

『アメリカ横断ウルトラクイズ』(アメリカおうだんウルトラクイズ)は、日本テレビで全17回開催・放送された視聴者参加型のクイズ番組。略称は「ウルトラクイズ」あるいは「ウルトラ」。
英語表記は”TRANS AMERICA ULTRA QUIZ”である。なお、タイトルロゴには”TRANS AM ULTRA QUIZ”と表記された。
1977年(昭和52年)、『木曜スペシャル』枠で日本テレビ開局25年記念番組として放送された。翌年からレギュラー化し、年に1回制作、毎年10月下旬から12月上旬頃に放送された。番組名は『史上最大!第○回 アメリカ横断ウルトラクイズ』(第1回は回数表記なし)。1992年(平成4年)の第16回を最後に終了となったが、1998年(平成10年)日本テレビ開局45年記念番組『ネッツトヨタスペシャル 今世紀最後!! 史上最大! アメリカ横断ウルトラクイズ』(以下「“今世紀最後”」と記す)として一度限りの復活を果たした。
引用元:アメリカ横断ウルトラクイズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E6%A8%AA%E6%96%AD%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%82%BA

『世界ビックリ大賞』(せかいビックリたいしょう)は、日本テレビの『木曜スペシャル』枠で放送されていた番組である[いつ?]。
引用元:世界ビックリ大賞 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AA%E5%A4%A7%E8%B3%9E

『ギミア・ぶれいく』とは1989年10月10日から1992年9月29日にかけて、TBS系列で毎週火曜日21時00分 – 22時54分に放送された2時間枠の大型エンターテインメント番組である。キャッチフレーズは「社運バラエティー」。番組タイトルは「いい加減にしろ」の意味のgimme a breakから。
>代表的なシリーズ企画[編集]
糸井重里・徳川埋蔵金発掘プロジェクト
史上最強のクイズ王決定戦(司会:草野仁) – ファミリーコンピュータ用ソフトとしてゲーム化もされた。
引用元:ギミア・ぶれいく – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%81%B6%E3%82%8C%E3%81%84%E3%81%8F

『ザ・ガマン』(The Gaman)は、1980年頃から1980年代半ばに掛けて放映されたフジテレビのバラエティ番組。
>主に『火曜ワイドスペシャル』の番組枠で放送された。火曜ワイドスペシャルでの放送時はキネマ東京との共同制作で、復活版はスタープロジェクトとの共同制作。スタジオの司会はメインが土居まさる、サブが松岡きっこ。
引用元:ザ・ガマン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%9E%E3%83%B3

ドリフと女優の爆笑劇場(どりふとじょゆうのばくしょうげきじょう)は、テレビ朝日系列で放送された「水曜スペシャル」で原則として年5回ペースで1977年から1989年まで放送されたコント番組。
>番組は、ザ・ドリフターズが、ゲストの女優とコントを繰り広げる構成であった。メインコーナー「ドリフの爆笑家族」では、長介一家と、ゲスト女優がそのお母さん役を演じていた。
引用元:ドリフと女優の爆笑劇場 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%95%E3%81%A8%E5%A5%B3%E5%84%AA%E3%81%AE%E7%88%86%E7%AC%91%E5%8A%87%E5%A0%B4

『スターどっきり㊙報告』(スターどっきりまるひほうこく)は、1976年から1998年までフジテレビ系列局で放送されたドッキリバラエティ番組である。
>当初は『夜のヒットスタジオ』からトレードという形で三波伸介を迎えてのレギュラー番組(木曜 20:00 – 20:54)として1976年4月1日にスタートした[1]。その後、1979年4月13日に金曜 20:00 – 20:54へ移動し『スターどっきり生放送』というタイトルで放送されたが、同年9月に終了した。
その後の1980年頃に『火曜ワイドスペシャル』内で『オールスターどっきり㊙報告』として不定期に放送。1982年4月にレギュラー放送が復活したが、プロ野球中継で中断する事が多く、半年で終了。その後は再び特番形式で『木曜ファミリーワイド』→『金曜おもしろバラエティ』→『火曜ワイドスペシャル』内で放送された。1996年10月7日放送の『火曜ワイドスペシャル スターどっきり㊙報告 秋の超新作超豪華版!』を最後に特番形式はとりあえず終了となる。
引用元:スターどっきり(秘)報告 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%A9%E3%81%A3%E3%81%8D%E3%82%8A%EF%BC%88%E7%A7%98%EF%BC%89%E5%A0%B1%E5%91%8A

『ものまね王座決定戦』(ものまねおうざけっていせん)は、フジテレビ系列で、1973年から1986年までは春・秋の改編期に、1987年から1998年までは春・秋の改編期・11月下旬または12月上旬に、1999年から2000年までは再び春・秋の改編期にそれぞれ放送され、2012年からは毎年年末(12月)に年1回放送されているものまね番組。通称「ものまね王座」。第1期は主に『火曜ワイドスペシャル』枠で放送されていた。第2期は主に『金曜プレミアム』枠か『土曜プレミアム』枠で放送されている。
>1973年、『火曜ワイドスペシャル』として、『第1回オールスターものまね王座決定戦』としてスタート。開始当初から非常に高視聴率を記録し、スペシャル番組として定着した。後に、笑いに特化した内容の番組が1985年7月2日『第1回爆笑!スターものまね王座決定戦』としてリニューアルして、1985年以降は正統派ものまねの『オールスターものまね王座決定戦』と、お笑いものまねの『爆笑!スターものまね王座決定戦』を交互に放送されていた。
引用元:ものまね王座決定戦 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%BE%E3%81%AD%E7%8E%8B%E5%BA%A7%E6%B1%BA%E5%AE%9A%E6%88%A6