ドゥービー・ブラザーズ『What A Fool Believes』 『Listen To The Music』 『Long Train RUnnin’』 『China Grove』

123OSsfuzv
『What A Fool Believes』
『Listen To The Music』
『Long Train RUnnin’』
『China Grove』
ドゥービー・ブラザーズ(答)
フリートウッド・マック
ボーイズⅡメン
ユーリズミックス


『Go Your Own Way』
『D’ont Stop』
『You Make Loving Fun』
『Dreams』
フリートウッド・マック(答)

連想
『I’ll Make Love To You』
『On Bended Knee』
『One Sweet Day』
『End Of The Road』
ボーイズⅡメン(答)

ドゥービー・ブラザーズ (The Doobie Brothers) はアメリカ合衆国のロックバンド。1971年のデビュー以来、解散時期を挟みながらも現在まで第一線で活動し続ける人気グループ。1960年代後半から1970年代まで、アメリカ音楽界で大きなムーヴメントとなったウェストコースト・ロックを代表するバンドのひとつ。デビュー以来3,000万枚以上のアルバム・セールスを誇り[1]、1979年のシングル「ホワット・ア・フール・ビリーヴス[2]」でグラミー賞を受賞。2004年にボーカル・グループの殿堂入りを果たした。
>1972年、セカンド・アルバム『トゥールーズ・ストリート(Toulouse Street)』をリリース。同作からシングル・カットされた「リッスン・トゥ・ザ・ミュージック(Listen to the Music)」がビルボード Hot 100の11位まで上昇するヒットとなり、グループは一躍全米規模の人気バンドとなる。
サザン・ロック色の濃い音楽性に加え、二人のドラマーに黒人のベーシストを加えた、力強いファンキーなリズムセクションは評判を呼び、1973年のアルバム『キャプテン・アンド・ミー(The Captain and Me)』からは「ロング・トレイン・ランニン(Long Train Runnin’)」、「チャイナ・グローヴ(China Grove)」がヒット。 1974年のアルバム『ドゥービー天国(What Were Once Vices Are Now Habits)』からは「ブラック・ウォーター(Black Water)」が初の全米No.1ヒットとなり、イーグルスと並びアメリカン・ロックを代表する人気バンドのひとつとなった。
引用元:ドゥービー・ブラザーズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%82%BA

フリートウッド・マック(Fleetwood Mac)は1967年にイギリスで結成されたロック・バンド。40年を超えるキャリアを誇り、デビューから1970年代初頭までは主にブルースをベースにした音楽スタイル、1970年代半ば以降はポップバンドに転身し、そのいずれでも大成功を収めた。
>1977年には、最大のヒット作となるアルバム「噂」を発表。シングルカットされた「オウン・ウェイ」「ドリームス」(グループにとって唯一の全米1位シングル・Billboard Hot 100)「ユー・メイク・ラヴィン・ファン」、「ドント・ストップ」などの大ヒットとともに、アルバムは31週間に渡って全米1位(ビルボード)(1977年・年間チャート1位・Billboard Top 200)に輝き、1,700万枚といわれる史上空前のセールスを記録する。マックは一躍スーパースターの座に上り詰めた。
引用元:フリートウッド・マック – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A6%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AF

ボーイズ・II・メン(Boyz II Men)は米国フィラデルフィア出身のヴォーカル・グループ。
90年代に「End Of The Road」を始めとする幾つもの全米ナンバーワンソングを記録し、R&Bの一時代を築いた。
Boys II Men は誤記。
> グループ名はニュー・エディション(ボビー・ブラウンが在籍していたグループ)の曲名「Boys To Men」から取られている。
>”I’ll Make Love to You”は”End of the Road”が記録したビルボード13週連続1位の記録を打ち破り、14週間連続でチャート1位に居続けた(同年にホイットニー・ヒューストンがカバーした”I Will Always Love You”も、先んじて14週連続1位という記録を残している。)この曲に入れ替わって1位になったのが”On Bended Knee”. ビルボードヒットチャート1位を自らの曲で更新したアーティストとしては、ビートルズ、エルヴィス・プレスリーに次いで3組目となった。
引用元:ボーイズIIメン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%82%BAII%E3%83%A1%E3%83%B3

ユーリズミックス(Eurythmics,ユーリズミクス)はイギリスの二人組ミュージシャン。1980年代にヒット曲を連発し高い人気を誇った。
>バンド名の由来は、レノックスが子どものころ通ったヴァルドルフ学校で学んだ、ルドルフ・シュタイナーが提唱した舞踏芸術(Eurythmy,いわゆるオイリュトミー)の授業からである。
>スティーヴィー・ワンダーがハーモニカで参加したことで話題になった1985年の「There must be an Angel(ゼア・マスト・ビー・アン・エンジェル)」は彼らの代表曲の一つで、全英1位を記録。歌い出しのスキャットが非常に印象的で、日本でも人気が高く、カバーバージョンやCM音楽でたびたび取り上げられており、ルチアーノ・パヴァロッティとのデュエットヴァージョンも存在する。また1985年にレノックスはアレサ・フランクリンとのデュエットでウーマンリブをテーマにした「Sisters Are Doin’ It For Themselves」をヒットさせた。
引用元:ユーリズミックス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9