「岩沢厚治」いわさわこうじ 「ゆず」のサブリーダー

045yvHzTQL
音楽デュオ「ゆず」の2人は
リーダーの北川悠仁と
サブリーダーの誰?
浩本岩次沢
厚田治司康
岩沢厚治(答)

ゆずは、日本のフォークデュオ。神奈川県横浜市磯子区岡村出身の男性2人で結成された。セーニャ・アンド・カンパニーに所属。公式ファンクラブ名は「ゆずの輪」。
>ストリートミュージシャン出身で、路上時代は主に神奈川県横浜市中区伊勢佐木町の横浜松坂屋前で路上ライブを行っていた[1]。最初に路上に出たのは岩沢で、それを見た北川が音楽をしたいという想いを抑えきれず、アルバイト後「話があるから」と誘い出し、北川家のリビングで飲みながら「一緒にやりたいんだけど」と告白。岩沢は、ドキドキしている北川に比べ、かなり軽くOKの返事をしたという(参照:WEST21)。1996年3月結成。結成後すぐにオリジナル曲を作る。最初はお客さんはほとんどいなかったが、1年ぐらいしたときに初めてリクエストしてくれるお客さんが現れた。路上の最終日(1998年8月30日)は、台風直撃にもかかわらず、約7,500人が集まった。
>結成当初は「Light’s」という名前だった(2人が吸っていたタバコの銘柄が、マイルドセブンライトだったことから)が、これを自分達に合っていない上にダサいと感じていた北川が、2人が当時一緒にやっていたアルバイト先の食事会で食べた柚子シャーベットから「ゆず」へと変更(ちなみに、その時岩沢はバニラアイスを食べていたため、もしかしたら「ゆず」ではなく、「バニラ」になっていたかもとよくネタにしている)。
>ゆずのファンのことを「ゆずっこ」と呼ぶ(これは路上ライブ中に北川が勢いで言ってしまったためという)。公式ファンクラブ名は「ゆずの輪」(1998年10月発足)である。ライブ前には演者と客・スタッフ・警備員含め全員で「ラジオ体操第一」を行い、アンコールのコール代わりにゆずの曲を歌う(観客の誰かが歌い出し、いつしか大合唱)というのが定番となっている。その際の曲は「贈る詩」が多く、その他に「する〜」「サヨナラバス」「友達の唄」「虹」などが歌われる。ライブでは、ラッキィ池田などが考案した振り付けを会場全員で踊る「ダンスコーナー」のようなパートが設けられることが多く、「夏色」と並びライブのハイライトとなっている。
引用元:ゆず (音楽グループ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%86%E3%81%9A_(%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97)

北川 悠仁(きたがわ ゆうじん、本名同じ、1977年1月14日 – )は、日本のミュージシャン、シンガーソングライター、俳優。岩沢厚治と組んだゆずのリーダー。愛称は、「悠仁」「悠ちゃん」「仁くん」。母は宗教法人かむながらのみちの教主北川慈敬。既婚者であり、妻はフリーアナウンサーの高島彩。
引用元:北川悠仁 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E5%B7%9D%E6%82%A0%E4%BB%81

岩沢 厚治(いわさわ こうじ、1976年10月14日 – )は、日本のミュージシャン、歌手。北川悠仁と組んだゆずのサブリーダー。愛称は、「厚ちゃん」「厚くん」「岩ちゃん」「チー坊」「お父さん」「こうじおじ」など。
引用元:岩沢厚治 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A9%E6%B2%A2%E5%8E%9A%E6%B2%BB