2016年ドラマ『ちかえもん』青木崇高『東京センチメンタル』吉田鋼太郎『警視庁ゼロ係』小泉孝太郎

058bgGtsER
次の2016年放送の
TVドラマと主演俳優の
正しい組み合わせを選びなさい
ちかえもん───青木崇高 あおきむねたか
東京センチメンタル───吉田鋼太郎
警視庁ゼロ係───小泉孝太郎

木曜時代劇
ちかえもん
>近松門左衛門が描き、空前の大ヒット作となった人形浄瑠璃『曾根崎心中』の誕生は、歴史的な事件だった!!けれど傑作誕生から遡ること半年前、元禄16(1703)年1月。近松は、定番の“歴史モノ”しか書けず、妻に逃げられ、母に呆れられ、超スランプに陥り、大坂堂島新地の「天満屋」に入り浸り、年増遊女お袖相手にちびちび酒を飲む、冴えない中年男だった。
ところが、そこに現れた謎の渡世人・万吉と出会ったことで、近松の人生に次々と災難が襲いかかる!?
>謎の渡世人・“不孝糖売り”万吉
青木崇高
時の将軍・綱吉が親孝行を奨励し、世は空前の親孝行ブームとなり、“孝行糖売り”達が謳い文句も高らかに町角を練り歩く。母に着物の一つも買ってあげられないスランプ渦中の近松には、孝行糖売りたちの声は耳触りで仕方ない。そんな時、「親孝行なんか糞食らえ、親不幸こそがほんものの孝行や!」と異彩を放つ“不孝糖売り・万吉”が現れる。
万吉は、近松行き付け「天満屋」に居座り、事あるごとに近松に懐いてくる。
情に厚く純情で、曲がったことは大嫌い、思いこんだら命がけ、困った人は放っておけない。近松の適当な助言が万吉の予期せぬ行動を誘い、毎度近松は神出鬼没の渡世人・万吉に翻弄されていく!?天使か悪魔か?馬鹿か天才か?異色のヒーロー万吉と出会いが近松の運命を変えていく。
引用元:青木崇高×松尾スズキ 『ちかえもん』制作開始! | 時代劇シリーズ | ドラマトピックスブログ:NHKブログ http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/7000/230283.html

『東京センチメンタル』(とうきょうセンチメンタル)は、2014年12月30日23:00 – 翌0:25にテレビ東京系[1]で放送された単発スペシャルのテレビドラマである。ドラマは2部構成で、東京の下町にある老舗和菓子店「くるりや」を舞台に、吉田鋼太郎演じる久留里卓三が憧れの女性に再会し、淡い恋心を抱くというノスタルジックなオリジナルストーリーで描かれた[2]。
2016年1月からは、毎週土曜日0:12 – 0:52(金曜日深夜)にテレビ東京系「ドラマ24」で連続ドラマ化され放送される予定である[3]。吉田鋼太郎は本作が単発ドラマ初主演および連続ドラマ初主演となる。
引用元:東京センチメンタル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AB

小泉孝太郎 “究極のKY”刑事役で新境地開拓!
金曜8時のドラマ
『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』
2016年1月放送スタート!

テレビ東京は、2016年1月より、小泉孝太郎主演の刑事ドラマ「金曜8時のドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』を放送いたします。
>本ドラマは、ドラマ化もされた人気シリーズ『SRO 警視庁広域捜査専任特別調査室』などで知られる、作家・富樫倫太郎の原作を映像化した作品です。警察小説・時代小説を多く生み出した著者の作品群の中でも主人公の特異さにより異彩を放つ、『生活安全課0係 ファイヤーボール』(祥伝社刊)をドラマ化します。
引用元:【金曜8時のドラマ】警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~ | テレビ東京 http://www.tv-tokyo.co.jp/zerogakari/