俳優と出生国 「ホルスト・ブッフホルツ」ドイツ 「ジャン・レノ」モロッコ 「アンナ・カリーナ」デンマーク

067uIQVSNV
次の俳優を出生国ごとに
グループ分けしなさい

ドイツデンマークモロッコ
ホルスト・ブッフホルツ
ジャン・レノ
アンナ・カリーナ

ジャン・レノはモロッコ出身だったのですね。

ホルスト・ブッフホルツ(Horst Buchholz, 1933年12月4日 – 2003年3月3日)はベルリン出身のドイツの俳優。ホルスト・ブーフホルツとも表記されている。日本では黒澤明監督の映画『七人の侍』をハリウッドでリメイクした映画『荒野の七人』(1960年)で広く知られている。戦後ドイツ映画界が産んだ国際俳優の1人。
>15歳で初舞台に立ち、舞台とラジオで活躍した後、1952年に映画デビュー。1950年代には「ドイツのジェームス・ディーン」と呼ばれ、人気を博した。
引用元:ホルスト・ブッフホルツ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%83%E3%83%95%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%84

ジャン・レノ(Jean Reno, 本名: Juan Moreno y Herrera Jimenez[1][2], 1948年7月30日 – )は、フランスの俳優。
>モロッコ・カサブランカ生まれ。両親はスペイン・アンダルシア州出で、フランコ政権を嫌い国外へ逃れていた。家族でフランス・メトロポリテーヌへ移住したのは1960年である。フランスで演劇学校に通った[3]。
>リュック・ベッソン監督の多くの映画に出演。同監督の『グラン・ブルー』(1988年)と『レオン』(1994年)は彼に大きな成功をもたらした。ブレイク後、ハリウッドの仕事が急増、『フレンチ・キス』(1995年)でメグ・ライアンとケビン・クラインと共演、『ミッション:インポッシブル』(1996年)でトム・クルーズと、『RONIN』(1998年)でロバート・デ・ニーロと共演し、以降もハリウッド、フランス両方の作品に積極的に出演し続けている。
引用元:ジャン・レノ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%8E

アンナ・カリーナ(Anna Karina、本名:Hanne Karen Blarke Bayer、1940年9月22日 – )は、デンマーク・コペンハーゲン出身のフランスの女優。ヌーヴェルヴァーグ時代に活躍。
>17歳の時にフランス・パリに移る。パリに付いた当時はフランス語を話す事が出来なかったが、スカウトされてモデルとして活躍する。「アンナ・カリーナ」という芸名は当時出会ったココ・シャネルが授けた[3]。
引用元:アンナ・カリーナ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A