『リリイ・シュシュのすべて』リリイ・シュシュは歌手 Salyu

048wqjqFVA
岩井俊二監督の映画
『リリイ・シュシュのすべて』で
リリイ・シュシュの職業は?
小説家
歌手(答)
画家
女優

CIMG8833hMRzCNmYWreX
フランス語で「乾杯」という意味
がある、『プラットホーム』や
『コルテオ~行列~』などの
ヒット曲がある女性歌手は?
ykAIM
auJiS
Salyu(答)

CIMG2288XlPnMAExPSaH
1950年の映画『イヴの総て』に
登場する、アメリカ演劇界最高の
名誉とされる架空の賞の名前は
○○○○○○○○賞?
ーンスラセドシ・
→セーラ・シドンス
セーラ・シドンス賞
引用元:マンキウィッツ『イヴの総て』監督 『セーラ・シドンス賞』作中架空の賞 | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/2923/

『リリイ・シュシュのすべて』は、2001年に公開された岩井俊二監督の日本映画、またその原作および岩井俊二によるインターネットの掲示板を用いた誰でも書き込みができる実験的なインターネット小説。2004年に角川文庫から単行本が刊行されている。
まず、インターネット小説が公開され、後に原作本と映画が制作された。現実と架空をリンクさせた構成と、現代の少年問題を描いた内容が大きな話題を呼んだ。
岩井によると、「遺作を選べたら、これにしたい」作品。
物語のキーパーソンとなるリリイ・シュシュ役は歌手のSalyuであるが、本映画内ではプロモーションビデオの映像でのみ姿を現す。
>音楽[編集]
この作品ではタイトルでもあるリリイ・シュシュの歌が重要な役割を担っている。それを製作する上で、「リリイ・シュシュというアーティストを“ねつ造”することには意味を見出せなかった」、「リリイ・シュシュによって言葉を与えられたSalyuの声の響き中から、その形を探していった」と小林武史は語っている[2]。そうやって製作されたリリイ・シュシュの楽曲は、小林武史自身によって「スピリチュアル・ポップ」と形容された。
インターネット小説では小林武史によるインスト曲と、リリイ・シュシュの楽曲のみが使用されていたが、映画ではドビュッシーのピアノ曲も多く使用されている。 これは作品のキーワードである「田園」と「電波」の象徴をそれぞれ「ドビュッシー」と「リリイ・シュシュ」に当てはめたものである。
「リリイ・シュシュ」と言う名前は、ドビュッシーの最初の妻 (Rosalie Texier) の愛称である’Lily’と、2番目の妻との間に出来た娘 (Claude-Emma) の愛称’Chou-Chou’から付けられており、これは作品内で語られるリリイ・シュシュの生い立ちが関係している。
引用元:リリイ・シュシュのすべて – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

映画で描かれる14歳はあまりにも激しい日常を生きている。それをそのまま現在の中学生に当て嵌めることはできないが、エッセンスとしては十分に伝わってくる。一方で、他校の生徒との些細なイザコザや剣道部の描写など青臭いエピソードが随所に描かれ、そうしたひとつひとつが、14歳の頃の自分の感情や気持ちといったものを強烈に喚起してくるのである。この映画に答えは用意されていない。そればかりか、観終わったあとになにか澱のようなものを心に抱え込まされてしまう。
引用元:映画 リリイ・シュシュのすべて – allcinema http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=234828

蒼井優×岩井俊二×軽部真一が語る『リリイ・シュシュのすべて』
引用元:蒼井優×岩井俊二×軽部真一が語る『リリイ・シュシュのすべて』 – インタビュー : CINRA.NET http://www.cinra.net/interview/2011/04/29/000000.php

Salyu(サリュ、サリュウ[1]、1980年10月13日 – )は、日本の女性歌手・ボーカリスト。神奈川県横浜市港北区出身。トイズファクトリー・烏龍舎所属。血液型O型。学歴は非公開だが、マクロビオティック系の料理学校に通っていたことを公言している[2]。兄は元ラグビー日本代表選手。
アーティストネームのSalyuはフランス語の「Salut」(乾杯の意、親しい間柄の挨拶の意)に由来している。命名は小林武史による[3]。
引用元:Salyu – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/Salyu

サリューSalut:
「じゃあね~」とか「またね~」とか。
別れ際だけでなく、会った時にも言うので
「はぁい」という程度の意味にもなります。
もともと「挨拶」とか「敬礼」とかいった意味があるので
会った時でも別れる時でも使えるのです。
友達など、近い年代同士で使うのが一般的です。

オヴォワーAu revoir:
「それではまた」くらいでしょうか。
駅員さんにもパン屋のおばさんにも教授にも使います。
節度を保ちつつ、親しみを込めることもできます。
分解すると「再会(le revoir)の時(a)」くらいの意味になるので、
次につながる感じです。

アデューAdieu:
「さようなら」になります。
分解すると「神(dieu)の御許で(a)」といった感じの意味なので、
今生の別れだとかいった
もう二度と会えない、会わない、会いたくないなどの意味が込められます。
しかし、南の方ではこの挨拶は50年くらい前まで
割と普通に日常で使われていたので、
お年寄りなんかでは深い意味なく使う人もいます。
引用元:フランス語の「サリュー」と「オヴォワー」と「アデュー」はどうち… – Yahoo!知恵袋 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1311688563