『長崎の夜はむらさき』瀬川瑛子のヒット曲

093zBbdMnq
1970年にリリースされた
瀬川瑛子のヒット曲は
『長崎の夜は◯◯◯◯』?
きけさらむ
がふゆくり
むらさき(答)
『長崎の夜はむらさき』

ネオンの色か、漆黒なのか、むらさき色の夜はどんな夜でしょうか?

瀬川 瑛子(せがわ えいこ、本名:清水 瑛子、旧姓:(瀬川)、1947年7月6日 – )は、東京都渋谷区出身の演歌歌手・女優。瀬川伸の次女。身長168cm、血液型B型。既婚。
>1967年にデビュー(当初の芸名は瀬川 映子)。地道に活動し、1970年に「長崎の夜はむらさき」を50万枚のヒットを記録した。1983年には、ちあきなおみや細川たかしらとの競作「矢切りの渡し」が30万枚を売り上げる。そして1986年には夫婦の情愛を描いた「命くれない」が1987年度オリコンシングルチャート年間1位を記録し、ミリオンセールスを記録し大ヒット。自身の代名詞的な曲となる。
>歌手活動以外にも柔和な人柄(研ナオコ曰く「この世界って、テレビに映っている時と映っていない時で変わる人いるんですけど、瀬川さんはどこで会っても、このまま(=テレビのまま)の人」)、端々で見受けられるズレたコメントセンスなどの天然要素とマイペースさがウケ、バラエティー番組に多数出演。
趣味は麻雀。この時ばかりは人物が豹変し、役作りや聴牌をハイペースで行なうという。長時間の対局も苦ではなく、過去には森光子と8時間麻雀で対戦したことがあるという。[1]
引用元:瀬川瑛子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%80%AC%E5%B7%9D%E7%91%9B%E5%AD%90