オペラ『戦争と平和』プロコフィエフ  ニコライ・「チェレプニン」プロコフィエフを弟子に持つ音楽家 

007dfafCkb
オペラ『戦争と平和』
オペラ『三つのオレンジへの恋』
バレエ『ロメオとジュリエット』
交響的物語『ピーターと狼』
グラズノフ
プロコフィエフ(答)
グリンカ
ショスタコーヴィチ
61%

184TCQbdja
弟子にプロコフィエフがいる
ロシアの作曲家・指揮者です
チェレプニン(答)
Tcherepnin

セルゲイ プロコフィエフ
Sergei Sergeevich Prokof’ev
1891.4.23 – 1953.3.5
ソ連の作曲家,ピアノ奏者。
ドネツク州生まれ。
20世紀最大の作曲家の一人。幼少時から天才を発揮し、13歳でペテルブルグ音楽院に入学。リムスキー・コルサコフに作曲、エシポワにピアノを学ぶ。在学中にピアノ・ソナタ第一番などを作曲、1914年自作の「ピアノ協奏曲第一番」でルビンシテイン賞を得て卒業。その後、バレエ曲「アラとロリー」、オペラ「賭博者」など初期の名作を次々と発表。’18年米国に向かう途中、日本でリサイタルを開催。’22年パリを拠点にヨーロッパで活動。’33年祖国に帰国、社会主義リアリズムの路線に沿ってバレエ「ロミオとジュリエット」(’35〜36年)、「交響曲第五番」など名作を作曲。
引用元:セルゲイ プロコフィエフとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%B2%E3%82%A4+%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%A8%E3%83%95-1630860

ニコライ・ニコラエヴィチ・チェレプニン(Nikolai Nikolayevich Tcherepnin、1873年5月3日 – 1945年6月27日)はロシアの作曲家・ピアニスト・教授。妻マリヤは水彩画家アルベルト・ベノワ(アレクサンドル・ベノワの弟)の娘である。
>より高名な作曲家のアレクサンドル・チェレプニンは息子である。
母校のサンクトペテルブルク音楽院では、ニコライ・ソコロフやマクシミリアン・シテインベルクらと共に学究肌の教師として名高く、愛弟子の一人にセルゲイ・プロコフィエフがいる。プロコフィエフはしばしばチェレプニン邸を訪れ、アレクサンドル・チェレプニン少年に深い影響を及ぼした。
引用元:ニコライ・チェレプニン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AC%E3%83%97%E3%83%8B%E3%83%B3

アレクサンドル・ニコラエヴィチ・チェレプニン(Александр Николаевич Черепнин、Alexander Nikolayevich Tcherepnin、1899年1月20日 – 1977年9月29日)は、ロシア生まれの作曲家、ピアニスト。父は作曲家のニコライ・チェレプニン(1873-1945)、三男は作曲家・シンセサイザー開発者のイワン・チェレプニン(1943-1998)。
>1933年、チェレプニンは「自ら課している技法の定石」から脱却すべく民謡に目を向けるようになり、ロシア、グルジア、アルメニア、アゼルバイジャン、ペルシャ民謡を採集した。そして彼は1934年から1937年にかけてアジアを訪問、中国及び日本で若手作曲家の指導と育成に当たる。日本では、早坂文雄や伊福部昭らを指導し、「チェレプニン賞」を設立すると共に「チェレプニン・コレクション」として若手作曲家たちの作品を出版し、自らピアノで演奏した。伊福部昭には、「ナショナルである事こそがインターナショナルである」と指導し、この言葉が彼の作風の原点となった。
引用元:アレクサンドル・チェレプニン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AC%E3%83%97%E3%83%8B%E3%83%B3

セルゲイ・セルゲーエヴィチ・プロコフィエフ(ロシア語: Сергей Сергеевич Прокофьев シェルギェーイ・シェルギェーイェヴィチュ・プラコーフィイェフ;ラテン文字転写の例:Sergei Sergeevich Prokofiev、1891年4月23日 – 1953年3月5日)は、ロシアの作曲家、ピアニスト、指揮者。
>1909年(18歳)音楽院の作曲科の課程を修了。ミャスコフスキーらに音楽院をやめずにピアノと指揮のクラスに入るように説得される。ニコライ・チェレプニンに指揮と作曲を学び、エシポワ夫人(英語版)にピアノを学ぶ。ピアノ・ソナタ第1番Op.1を作曲。
引用元:セルゲイ・プロコフィエフ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%B2%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%A8%E3%83%95