ウリ・ジョン・「ロート」 元スコーピオンズ 広音域演奏可能な「スカイギター」を考案

090YctiwpW
「スカイギター」を考案した
元スコーピオンズのギタリストは
ウリ・ジョン・◯◯◯?
◯を答えなさい
ロート(答)
「ウリ・ジョン・ロート」
Uli Jon Roth
「スカイギター」を「エアギター」と思っていました。

ウリ・ジョン・ロート、ウリ・ヨン・ロート、ウルリヒ・ロート、ウルリッヒ・ロス(Uli Jon Roth, Ulrich Roth, 1954年12月18日 – )は、ドイツのギタリスト。デュッセルドルフ出身。
>元スコーピオンズ~エレクトリック・サン。従来のギターに比べてフレット数が多く、より広音域(27フレット以降は全音刻みで、32フレットまでフレッティングされている)での演奏を可能としたスカイ・ギターの考案者。その風貌から、日本では「仙人」と称されることもある。イングヴェイ・マルムスティーンに多大な影響を与えたことでも知られ、間接的に現代のロック・ギターの奏法の基礎を築いた人物とも言える。
引用元:ウリ・ジョン・ロート – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%88

フレット(英語: Fret)とは、ある種の弦楽器が持つ構造で、ネック(棹)にある突起であり、弦の出す音の高さを変えるための仕組みのひとつである。撥弦楽器に多いが、擦弦楽器にも見られることがある。一般にフレットと呼ぶが、琵琶では柱(じ)と呼んでいる。
>西洋弦楽器におけるフレット[編集]
近現代の西洋弦楽器のフレットは、一般に十二平均律に調律されている。即ちオクターブを12個の半音に分け、それぞれの周波数比が同一になるようになっている。隣り合った二つの半音の周波数比は \sqrt[12]{2} (約 1.059463 )であり、理論的にはフレットもその間隔で並び、12番目のフレットは弦を二等分する場所にくる。実際には、弦を押さえる時の張力増加を見込んで若干糸巻き側になる。
引用元:フレット – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88