デビッド・ボウイのベルリン三部作『Low』『Heros』『Lodger』

059fJfDMkE
1970年代後半にデビッド・ボウイ
がブライアン・イーノと共同して
レコーディングをおこなった
3枚のアルバムを何という?
マドリード三部作
パリ三部作
ベルリン三部作(答)
ニューヨーク三部作

ベルリン三部作(Berlin Trilogy)は、イギリスのミュージシャン、デヴィッド・ボウイが1976~1979年にかけてブライアン・イーノと共同してレコーディングを行ったアルバム『ロウ Low』『英雄夢語り (ヒーローズ) “Heroes”』『ロジャー (間借人) Lodger』、これら一連のアルバムの総称。いずれも共同プロデューサーはトニー・ヴィスコンティ。「イーノ三部作 Eno Trilogy」「ベルリン・トリプティック(三連祭壇画) Berlin Triptych」と表記されることもある。
引用元:ベルリン三部作 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%B3%E4%B8%89%E9%83%A8%E4%BD%9C

デヴィッド・ボウイ(David Bowie [ˈdeɪvɪd ˈboʊ.i], 本名 David Robert Hayward-Jones, 1947年1月8日 – )は、イギリスのマルチ・ミュージシャンであり、俳優としても長いキャリアを持つ。2000年、雑誌『NME』がミュージシャンを対象に行ったアンケートでは、「20世紀で最も影響力のあるアーティスト」に選ばれた。
映画監督のダンカン・ジョーンズは息子。
>ツアーの終了後、薬物からの更生という目的も兼ねてベルリンに移住し、ひそやかに音楽作りを始めた。
1977年から1979年にかけてブライアン・イーノとのコラボレーションで制作されたアルバム『ロウ』、『英雄夢語り』、『ロジャー』は、のちに「ベルリン三部作」と呼ばれることになる。ロンドンパンク/ニューウェーブ全盛期の中で、あえてプロトパンク/オールド・ウェーブを前面に出した。
>役者としてのボウイ[編集]
ボウイの初めてのメジャーな映画出演は『地球に落ちてきた男』であり、それは演劇『エレファント・マン』同様の賞賛をもたらした。それ以前の映画出演としては、1969年の前衛映画にパントマイムとして出演している。以降の役者としての経歴は散発的なものであった。1983年には大島渚監督の『戦場のメリークリスマス』に英軍将校ジャック・セリアズ役で出演した。また1984年には『眠れぬ夜のために』で殺し屋の端役を、マーティン・スコセッシ監督の『最後の誘惑』ではピラトを演じた。
引用元:デヴィッド・ボウイ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%82%A6%E3%82%A4