『アイムホーム』木村拓哉『天皇の料理番』佐藤健『心がポキっとね』阿部サダヲ

053ACbWnuk
次の2015年4月より放送の
TVドラマと主演俳優の
正しい組み合わせを選びなさい
アイムホーム───木村拓哉
天皇の料理番───佐藤健(たける)
心がポキっとね───阿部サダヲ

『アイ’ム ホーム』は、石坂啓による日本の漫画、およびそれを原作としたテレビドラマ。『ビッグコミックオリジナル』(小学館)に、1997年7月から1998年12月まで連載された。1999年、平成11年度第3回文化庁メディア芸術祭大賞受賞作。1999年2月に上・下巻でコミック化される。
2004年にNHK総合テレビジョンで『アイ’ム ホーム 遥かなる家路』のタイトルでテレビドラマ化された。また2015年4月期にはテレビ朝日系で、『アイムホーム』のタイトルでテレビドラマ化された。それに合わせ2015年3月に、題字から「’」(アポストロフィ)を抜いてドラマ版の表記に合わせた新装版が、やはり上下巻同時発売されている。
>主人公、家路久(いえじひさし)はやり手の銀行員であったが、左遷による単身赴任中に起こったアパートの火事(ぼや)による一酸化炭素中毒により記憶喪失となり、離婚・再婚などの過去の記憶を失った。
離婚した前妻と娘、仮面を被ったように見えて家族とは思えない今の家族。間で揺れ動く久が自分が帰るべき家とは何か、家族とは何かという疑問を抱えつつ、自分を見つめ直す過程を描く。
引用元:アイ’ム ホーム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%27%E3%83%A0_%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0

『天皇の料理番』(てんのうのりょうりばん)は、1979年に出版された、杉森久英による小説。2015年までに、3回テレビドラマ化された。
宮内省大膳職司厨長(料理長)を務めた秋山徳蔵の青年期から主厨長になるまでを描いた作品。秋山の実際の経歴をもとにしているが、細部はフィクションであり、実在した秋山との混同を避け、杉森の原作では「秋沢篤蔵」、ドラマ版では「秋山篤蔵」の表記となっている。
引用元:天皇の料理番 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%9A%87%E3%81%AE%E6%96%99%E7%90%86%E7%95%AA

TBS では TBS テレビ 60 周年特別企画として、4月クールの日曜劇場で、大正・昭和時代の宮内省厨司長を務めた秋山徳蔵氏の人生を描いた、直木賞作家・杉森久英原作の 『天皇の料理番』 を放送する。
何をやっても長続きしなかった片田舎のやっかい者が、ひょんなことから食べた一口のカツレツがきっかけで、料理というものに夢を見て、ついには天皇の料理番を勤め上げるまでに成長していく──。 この物語は明治から昭和の激動の時代を生きたある男の、史実に基づく究極の人間ドラマである。

主人公・秋山篤蔵を演じるのは、佐藤健。
ドラマ 『とんび』、映画 「るろうに剣心」 で役者としての新境地を切り拓いた佐藤は、今作が TBS 連続ドラマ初主演となる。
(物語の細部はフィクションであるため、ドラマの主人公の名前は秋山篤蔵である)
引用元:はじめに|TBSテレビ:『TBSテレビ60周年特別企画 日曜劇場 天皇の料理番』 http://www.tbs.co.jp/tenno_no_ryoriban/intro/

『心がポキッとね』(こころがポキッとね)は、2015年4月8日から6月10日まで毎週水曜日22:00 – 22:54に、フジテレビ系の「水曜10時」枠で放送された日本のテレビドラマ。主演の阿部サダヲは、フジテレビ系2011年4月期の『マルモのおきて』以来4年ぶりの連続ドラマ主演となる[2]。
岡田惠和によるオリジナル脚本で、心が病んだ大人たち4人を軸としたラブコメディ[3]。
引用元:心がポキッとね – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%83%E3%81%8C%E3%83%9D%E3%82%AD%E3%83%83%E3%81%A8%E3%81%AD