フリオ・コルタサル 映画『欲望』の原作 アルゼンチンの小説家『石蹴り遊び』『悪魔の涎』

008yjfdHbttau
ミケランジェロ・アントニオーニ
監督の映画『欲望』の原作である
『悪魔の涎』や『石蹴り遊び』で
有名なアルゼンチンの小説家は?
・フルオサコタリル
フリオ・コルタサル
Julio Cortázar

フリオ・コルタサル(Julio Cortázar、1914年8月26日 – 1984年2月12日)は、アルゼンチンの作家・小説家。主にカスティリャ語で書き、フリオ・デニス(Julio Denis)の筆名も用いた。
>1960年の『懸賞』と1963年の『石蹴り遊び』の2作の長編小説により英語圏においてもラテンアメリカを代表する作家と見なされるようになり、イタリアの映画監督ミケランジェロ・アントニオーニによって短編小説「悪魔の涎」が映画化され(映画タイトルは『欲望』)、スペイン語圏を越えて世界的に知られる作家となった。
引用元: フリオ・コルタサル – Wikipedia

コルタサル 短篇集  悪魔の涎・追い求める男  他八篇 岩波書店
夕暮れの公園で何気なく撮った一枚の写真から,現実と非現実の交錯する不可思議な世界が生まれる「悪魔の涎」.
引用元: 悪魔の涎・追い求める男