『一枚のハガキ』新藤兼人(しんどうかねと)監督の遺作

006yfXqWoaiXF
2011年の「キネマ旬報ベスト・
テン」で日本映画の1位となった
新藤兼人監督の映画は『一枚の
◯◯◯』? ◯を答えなさい
ハガキ
『一枚のハガキ』

『一枚のハガキ』(いちまいのハガキ)は2011年製作の日本映画。新藤兼人監督の遺作[5]。
>新藤兼人が映画人生最後の作品として、自身の戦争体験を元に撮影された[6]。2010年10月31日クランクアップ。今作が遺作となった[7]。2013年現在、映画監督として今作で日本最高齢記録を保持している。
引用元: 一枚のハガキ – Wikipedia

新藤 兼人(しんどう かねと、1912年(明治45年)4月22日 – 2012年(平成24年)5月29日)は、日本の映画監督、脚本家。本名は新藤 兼登(読み方同じ)。日本のインディペンデント映画の先駆者である。近代映画協会会長。従三位、広島県名誉県民、広島市名誉市民、広島県三原市名誉市民。
引用元: 新藤兼人 – Wikipedia

戦争末期に召集された100人の中年兵は、上官がくじを引いて決めた戦地にそれぞれ赴任することになっていた。クジ引きが行われた夜、松山啓太(豊川悦司)は仲間の兵士、森川定造(六平直政)から妻・友子(大竹しのぶ)より送られてきたという一枚のハガキを手渡される。「今日はお祭りですがあなたがいらっしゃらないので何の風情もありません。友子」
引用元: 一枚のハガキ | Movie Walker