「雨宮塔子」あめみやとうこ『チューボーですよ!』初代アシスタント 「雨宮処凛」あまみやかりん「ゴスロリ作家」

214ARBjHbt
『チューボーですよ!』で
初代アシスタントを務めました
雨宮塔子
あめみやとうこ(答)

075JMNMdwqFlp
かつては「ミニスカ右翼」とも
呼ばれた自称・ゴスロリ作家
雨宮処凛
あまみやかりん(答)

雨宮 塔子(あめみや とうこ、1970年12月28日 – )は、日本のアナウンサー、エッセイスト。
東京都杉並区出身。プントリネア所属。
TBSアナウンサー28期生。身長163cm、血液型O型。
>東京都杉並区荻窪出身。父は元『文學界』編集長の雨宮秀樹。成城学園高等学校時代の同級生には、なべやかんと鶴田真由がおり、鶴田とは大学も同級で親友の関係にある。
高校時代はラグビー部のマネージャー、大学時代はスキー部の選手だった(「ウチくる!?」出演時より)。
1993年に成城大学文芸学部を卒業し、同年4月TBSにアナウンサー28期生として入社(同期には初田啓介・宮澤祐介)[2][3][注釈 1]。
>『どうぶつ奇想天外!』『チューボーですよ!』などのバラエティ番組を中心に担当した。また、早朝情報番組の司会やお昼の生番組でアシスタントをこなし、ラジオではレギュラー番組を複数担当した。当時のアナウンス室内では、3年先輩の渡辺真理、1年後輩の進藤晶子と公私共に親しい仲だった。
引用元:雨宮塔子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%A8%E5%AE%AE%E5%A1%94%E5%AD%90

雨宮 処凛(あまみや かりん、女性、1975年1月27日 – )は、作家・社会運動家。かつて「ミニスカ右翼」と形容された[1]元右翼活動家だったが、その後は「ゴスロリ作家」を自称する[2]左派系論者に転向[3]。喫煙者[4]。
近年はプレカリアート問題に取り組み、代表作は『生きさせろ! 難民化する若者たち』(日本ジャーナリスト会議賞(JCJ賞)受賞)。反貧困ネットワーク副代表、『週刊金曜日』編集委員、厚生労働省ナショナル・ミニマム研究会委員、「小説アカデミー」顧問、「こわれ者の祭典」名誉会長。
>右翼からの離脱、「ゴスロリ作家」へ
日本国憲法前文を読んだことがひとつのきっかけで、右翼思想に疑問を抱くようになり、2001年「大日本テロル」解散後は、「(国家や皇族などに対して)依存してるだけで敬意が感じられない。自分が目指していたのはこんなものではない」と、右翼思想からは一定の距離を置くようになった。のち、関係していた右翼団体からも脱退(なお、かつて所属していた一つ「維新赤誠塾」は現在も活動している[10])。
その後「生きづらさ」の原因の一つに新自由主義の拡大があると考えるようになり、自ら「左傾化した」と表明した[3]。本人は自らの社会に対するスタンスが根本的な転回を経たとは認識してはおらず、「多くの人が生きづらい今のこの国(日本)は嫌だ」という違和感はかつて右翼活動をしていたころと変わっていない、或いは、「生存を求める」ことに右や左は関係ない、と語っている。現在はロリータ・ファッションを好んで着用しており、「ゴスロリ作家」と名乗っている[11]。
引用元:雨宮処凛 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%A8%E5%AE%AE%E5%87%A6%E5%87%9B

゠か
【処】
《主に動詞連用形に付け、体言を作る》 その動作・作用の行われる場所。 「住み―」
引用元:処 読み方 – Google 検索 https://www.google.co.jp/webhp?hl=ja#newwindow=1&hl=ja&q=%E5%87%A6+%E8%AA%AD%E3%81%BF%E6%96%B9