大塚愛のシングル曲『さくらんぼ』『プラネタリウム』『CHU-LIP(チューリップ)』 「ブギの女王」笠置(かさぎ)シヅ子

105LQNeafC
次のうち
大塚愛のシングル曲の
タイトルにあるものを
全て選びなさい
(画像選択肢)
1『カブトムシ』aiko
2『さくらんぼ』(答)
3『CHU-LIP』(答)
4『プラネタリウム』(答)

CIMG6258
戦後『東京ブギウギ』などを
ヒットさせ「ブギの女王」と
呼ばれた歌手は◯◯シズ子?
◯の苗字をひらがなで答えない
かさぎ(答)
「笠置シズ子」


『第1回紅白歌合戦』で最初に歌った歌手でもある、「エレジーの女王」と呼ばれた人物は菅原○○○?
つづこ(答)
「菅原都々子」

大塚 愛(おおつか あい、ai otsuka、1982年9月9日 – )は、日本のシンガーソングライター、女優、イラストレーター、絵本作家。愛称は「愛ちん」。Rabbitのボーカル。夫はRIP SLYMEのメンバーSU。作詞・作曲は2010年までは「愛」名義、2012年以降は「AIO」「aio」名義で行う。
>大阪府大阪市出身。趣味はカメラとギャンブル[1]。特技はピアノ、水泳、似顔絵[1]。特に絵を描くことは子供の頃から好きで、小学6年生のときに「実現させたい夢」という題名の作文で「友達と二人で漫画家になること」と書いたほどである。なお、マンガ家の前の夢は水泳の先生になることであった。初期の特技は剣道ともしている。短大時代に幼稚園教諭・保育士・社会福祉主事の資格を習得している。
笠置シヅ子を尊敬し、ファンクに乗れるパンチっぷりを好む[2]。
>2ndシングル『さくらんぼ』が大ヒットしたが、本人は果実のサクランボ自体は食べられない程に嫌いである。
引用元:大塚愛 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%A1%9A%E6%84%9B

「さくらんぼ」とは、大塚愛の楽曲で、2枚目のシングルである。2003年12月17日に発売(発売元はavex trax)。なお、本稿では2013年12月4日に音楽配信限定で発売されたセルフカバーバージョン「さくらんぼ-カクテル-」についても記述する。
>2004年7月19日には「着うた」史上初の100万ダウンロードを達成した楽曲[6]となった。
同曲で『第55回NHK紅白歌合戦』(2004年)に初出場を果たした。また、2005年にNHKが実施した『第56回NHK紅白歌合戦』の出場者選考アンケート『スキウタ〜紅白みんなでアンケート〜』では紅組3位を記録した[要出典]。
引用元:さくらんぼ (曲) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%95%E3%81%8F%E3%82%89%E3%82%93%E3%81%BC_(%E6%9B%B2)

「プラネタリウム」は、大塚愛の10枚目のシングル。2005年9月21日にavex traxよりリリースされた。初回限定特殊パッケージ仕様。DVD付きも同時発売。
オリコン初登場1位となったシングルとしては2枚目。その後7週連続トップ10入り。大塚が2005年に発売したシングルとしては最大の売り上げを記録。また2014年6月現在唯一となる、オリコン月間シングルチャート1位を獲得した作品である。2010年現在、「さくらんぼ」に次ぐ自身2番目のヒット作となっている。
2005年12月31日放送の『第56回NHK紅白歌合戦』でこの曲を歌った。
引用元:プラネタリウム (大塚愛の曲) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%8D%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0_(%E5%A4%A7%E5%A1%9A%E6%84%9B%E3%81%AE%E6%9B%B2)

「CHU-LIP」(チューリップ)は、大塚愛の14枚目のシングル。2007年2月21日にavex traxよりリリースされた。DVD付きも同時発売。PV監督は石井”taka”貴英。 http://www.spaceshowertv.com/search/detail.cgi?mu=0058852&ch=0. Missing or empty |title= (help)初回限定盤にはステッカーが封入された。
>PVにはダイノジが出演。
2007年の「第58回NHK紅白歌合戦」にこの曲で参加した。
2010年現在では自身のワンマンライブではほぼ定番の曲である。
引用元:CHU-LIP – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/CHU-LIP