「西川のりお」 ひょうきん族で活躍 つくつくほーしのネタ

001hQIXJOK
かつてこの昆虫をギャグ
にしていた吉本興業の漫才師は?
にしかわのりお(答)
西川のりお

西川 のりお(にしかわ のりお、1951年5月12日 – )は、日本の漫才師である。本名、北村 紀夫(きたむら のりお)。
奈良県吉野郡川上村生まれの大阪市都島区育ち。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。茨城県坂東市のねぎ大使でもある。愛称は「のりやん」。
>高校卒業前に西川きよしに入門。入門の契機は同級生と花月劇場に横山やすし・西川きよしを見に行った際、野次ったところきよしから「あとで楽屋に来い」といじられたことにある。その後もきよしの楽屋をしばしば訪れていたが、どちらかといえば友達みたいなつきあいだったとのりおは回顧している。
>その後『オレたちひょうきん族』にレギュラー出演し、ぼんちおさむと共に独特の暴走キャラでひょうきん族になくてはならない存在となる。主に「ツッタカ坊や」「つくつくほーし」「西川のりおとフラワーダンシングチーム(コント赤信号とヒップアップのメンバーと共に。後に彼らによるオリジナルソングまで作られた(フラワールームより愛を込めて))」「オバQ(テレビゲームのりおとにらめっこ)」などが代表的なギャグ。ひょうきんベストテン(ザ・ベストテンのパロディ)では沢田研二役を演じることが多かった。
2004年6月27日に全国有数のねぎの産地でもある茨城県坂東市(当時の岩井市)からねぎ大使に任命される。
2005年1月24日、吉本の後輩で新聞詠み(しんもんよみ)河内音頭家元の河内家菊水丸と共に、東京・渋谷のNHK放送センター前の路上でゲリラライブを行い、海老沢勝二NHK会長(当時)を痛烈に批判する『怒りの河内音頭』を披露した。
引用元:西川のりお – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%B7%9D%E3%81%AE%E3%82%8A%E3%81%8A

ツクツクボウシ(つくつく法師、寒蝉、Meimuna opalifera )はカメムシ目(半翅目)・ヨコバイ亜目(同翅亜目)・セミ科に分類されるセミの一種。晩夏から初秋に発生するセミで、特徴的な鳴き声をもつ。ツクツクホーシ、オーシンツクと呼ばれることもある。
>八丈島では、セミはツクツクボウシ一種しか生息しておらず、ひと夏中ずっと鳴いており個体数も非常に多い。八丈島はツクツクボウシの楽園である。
引用元:ツクツクボウシ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%82%AF%E3%83%84%E3%82%AF%E3%83%9C%E3%82%A6%E3%82%B7