『ベストフレンド』高橋克典 深津絵里 松雪泰子 『いつかまた逢える』福山雅治 桜井幸子 『最高の片想い』本木雅弘 杉本哲太

001aWbMVEK
恋人役は高橋克典
主題歌は『世界の果てまで』
1995年に日本テレビで放映
深津絵里、松雪泰子
『最高の片想い』
『ベストフレンド』(答)
『いつかまた逢える』
『いちばん大切なひと』


1995年にフジテレビで放映
主題歌は福山雅治の「HELLO」
本木雅弘、杉本哲太、大浦龍宇一
深津絵里の連続ドラマ初主演
『最高の片想い』(答)

連想
今田耕司が出演
大塚寧々、椎名桔平
主演は福山雅治
ヒロインは桜井幸子
『いつかまた会える』(答)

138xPLDWNC
福山雅治の初のTVドラマ
主演作である、桜井幸子と
恋人同士を演じた1995年の
フジテレビのドラマは?
いえか逢まつたる
いつかまた逢える(答)

連想
1995年にTBSで放映
高橋克典、神田正輝、黒木瞳
不倫の恋を描く
主演は松下由樹
『ひと夏のラブレター』(答)

連想
1995年にフジテレビで放映
主題歌はセリーヌ・ディオン
テーマはW不倫
鈴木保奈美、岸谷五朗、鈴木京香
『恋人よ』(答)

『ベストフレンド』は、1995年10月16日から12月11日まで、日本テレビ系列で放送されたよみうりテレビ制作のテレビドラマ。放送時間は、毎週月曜22:00 – 22:54(JST)。全9回。
>木曜夜9時台からのドラマ枠移動により、『お初天神』以来15年ぶりとなる月曜10時枠の連続ドラマ再スタートとなった作品。松雪泰子と深津絵里の初共演で、女性同士の友情を描いたドラマであった。
引用元:ベストフレンド (1995年のテレビドラマ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%89_(1995%E5%B9%B4%E3%81%AE%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E)

『ベストフレンド』は、1999年10月18日~12月13日にテレビ朝日系列で毎週月曜日20:00~20:54(月曜ドラマ・イン)に放送されていたテレビドラマである。
瀬戸キヨカ(加藤あい)
主人公。高校2年生。冷めた性格を持っていて、上京してきた無邪気な従姉妹のマコトには不快感をあらわにしていた。高校ではバンドのボーカルをやっていた。心臓病にかかっている。
進藤マコト(前田愛)
もう一人の主人公。高校2年生。無邪気で明るい性格で、従姉妹のキヨカと仲良くしようとするが、最初は拒絶される。キヨカの所属していたバンド部でボーカルを務める。後に深堀から声がかかりプロをめざす。涼太の事が好き。
引用元:ベストフレンド (1999年のテレビドラマ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%89_(1999%E5%B9%B4%E3%81%AE%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E)

『最高の片想いWHITE LOVE STORY』(さいこうのかたおもい)は、フジテレビ系列で1995年1月11日から3月22日まで放送された日本のテレビドラマ。放送時間は 水曜日21:00~21:54。深津絵里は連続ドラマ初主演。全11回。
>大学時代、スキー部の仲間だった青木公介(本木雅弘)、麻生竜平(杉本哲太)、関本法子(有森也実)は、8年ぶりに再会し、北海道へスキーに行くことになった。途中で、仲間とはぐれた加藤くるみ(深津絵里)という女性を拾い、一緒に宿に到着した。実は、くるみと公介の出会いはこれが最初ではなかった。通勤電車の中で公介に一目ぼれしたくるみは、たまたまそのスキー計画を知ってここまで来たのだ。しかし、公介は、学生時代に片想いに終わっていた法子を忘れられないでいた・・・。純白のゲレンデとスタイリッシュな都会を舞台に、ヒロインの片想いのてん末をロマンチックに描く。
引用元:最高の片想い – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%80%E9%AB%98%E3%81%AE%E7%89%87%E6%83%B3%E3%81%84

『いつかまた逢える』(いつかまたあえる)は、1995年7月3日から9月18日まで毎週月曜日21:00 ‐ 21:54(JST)に、フジテレビ系の「月9」枠で放送された日本のテレビドラマ。主演は福山雅治。最終回は、21:03 ‐ 22:24(JST)の拡大放送。全12回。キャッチコピーは「悔いのない恋愛をしろよ…」。
>福山雅治の連続ドラマ初主演作であり、当時Wコウジとしての活動が多かった今田耕司のフジテレビ制作のドラマ初出演作でもある。バラエティ番組などで、今田がドラマ出演していたことに関するトークが放送される際は、本作の映像と共に紹介される事が多い。
引用元:いつかまた逢える – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%81%BE%E3%81%9F%E9%80%A2%E3%81%88%E3%82%8B

『いちばん大切なひと』(いちばんたいせつなひと)は、1997年4月18日から6月27日まで毎週金曜日21:00 – 21:54に、TBS系で放送された日本のテレビドラマ。
>香取慎吾と観月ありさのW主演による、幼馴染の恋愛を描いた連続ドラマである。香取慎吾にとってはこれがTBSでの初主演作となった。観月ありさは、1994年の「いつも心に太陽を」以来3年ぶりのTBSドラマ出演となる。
香取と観月のドラマ共演は2人が小学生の頃に出演した『あぶない少年III』(1988年)以来で、その頃からの付き合いになるため、演じる本人たちも本作の設定と同じように幼馴染の関係であった。後に2人はこの共演を「知り合いすぎて恋愛にならなかった」と語っている[1] 。
引用元:いちばん大切なひと – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%A1%E3%81%B0%E3%82%93%E5%A4%A7%E5%88%87%E3%81%AA%E3%81%B2%E3%81%A8