氷室京介『ANGEL』『JEALOUSYを眠らせて』『VIRGIN BEAT』『KISS ME』『魂を抱いてくれ』 布袋寅泰『Poison』『スリル』『さらば青春の光』『ラストシーン』

041hqdtlLo
1988年7月にリリースされた
BOOWYの解散後、氷室京介が
ソロで出した初のシングルは
『◯◯◯◯◯』?
IATYS
GMENL
ANGEL(答)

163WaxPRhY
093bbbvvsc

次の1990年代のヒット曲を
歌手ごとにグループ分けしなさい
59%

氷室京介布袋寅泰
Poison
JEALOUSYを眠らせて
スリル
VIRGIN BEAT
KISS ME
魂を抱いてくれ
さらば青春の光
ラストシーン

「ANGEL」(エンジェル)は氷室京介のファーストシングル。
>元BOØWYのボーカルであった氷室のソロデビューシングル。オリコン1位を記録し、1988年の年間順位では8位を記録。
ファーストアルバム『FLOWERS for ALGERNON』(1988年)ではリミックスバージョンが収録された。
引用元:ANGEL (氷室京介の曲) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/ANGEL_(%E6%B0%B7%E5%AE%A4%E4%BA%AC%E4%BB%8B%E3%81%AE%E6%9B%B2)

氷室 京介(ひむろ きょうすけ、1960年10月7日 – )は、日本のロックボーカリスト、ミュージシャン。
群馬県高崎市出身。所属事務所はBeatNix。ロサンゼルス在住。
>1982年、氷室狂介の名前[3]で、ロックバンド・BOØWYのヴォーカリストとして、アルバム『MORAL』でデビュー。1987年12月24日、およそ6年の活動期間を以てBOØWYは解散する。 1988年、シングル『ANGEL』でソロデビュー。同年オリコン年間順位8位となった。
1994年以降アメリカでの活動が増え、1997年に家族と共にロサンゼルスに移住した。ロサンゼルスという環境を生かして、外国人エンジニア、アーティスト、ミュージシャン等に自らオファーをし、自らをプロデュースするという形をとっている。
引用元:氷室京介 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B7%E5%AE%A4%E4%BA%AC%E4%BB%8B

布袋 寅泰(ほてい ともやす、本名同じ、1962年2月1日 – )は、群馬県高崎市江木町出身の日本のミュージシャン、ギタリスト。
ロンドン在住[2]。BOØWY時代のビーイング、Ø-con’ nection[3]、ユイ音楽工房、ソロ活動後のIRc2 CORPORATIONを経て、渡英後はDADA MUSICに所属[4]。同事務所の代表取締役社長も務める。
身長187cm[5]。
>「最新のHOTEIが最高のHOTEI」がモットー(ポルシェ社のキャッチコピーから)。現在の愛車はトヨタのアルファード、AMGのE63T、シボレーのエクスプレスバン、アストンマーチンのV8ヴァンテージ。
A-ROCK本選会にてアイデア賞を受賞し、17歳(高校3年時に中退後)の時上京。
1981年に氷室京介らと共に暴威(後に「BOØWY」と改名)を結成。翌1982年にリリースしたアルバム『MORAL』でデビューする。BOØWYは1987年12月24日渋谷公会堂で解散を発表し、翌1988年4月に行われた東京ドームでのライブ『LAST GIGS』をもって活動を終えた。
引用元:布袋寅泰 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%83%E8%A2%8B%E5%AF%85%E6%B3%B0