『ドリー』 ガブリエル・フォーレのピアノ組曲 知人の娘「エレーヌ」の愛称から

768fFMNVAW
エレーヌという女の子のために
作曲された、フランスの音楽家
ガブリエル・フォーレの代表作
であるピアノ組曲は『◯◯◯』?
セリー
アミナ
ドンマ
ドリー(答)
Dolly

『ドリー』(Dolly)作品56は、ガブリエル・フォーレが作曲したピアノ連弾のための6曲からなる組曲。
>フォーレが妻のマリーを通じて親しくなった銀行家の娘エンマ・バルダック(後年のドビュッシー夫人)の娘で、1892年に生まれたエレーヌの誕生日祝いに書かれた曲を中心に編まれた。各曲の成立年度については解説を参照。タイトルの「ドリー」というのはエレーヌの愛称であり、フォーレはこの曲集をエレーヌに献呈している。
引用元:ドリー (フォーレ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BC_(%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%AC)

ガブリエル・フォーレ
Gabriel Faure
1845~1924 フランス人 近代 作曲家 音楽教育者

フォーレはフランス近代音楽を代表する作曲家のひとりである。フランス南西部の、スペインとの国境に近い小都市パミエで生まれたフォーレは、幼い頃から音楽の才能を示し、9歳でパリのニーデルメイエール古典宗教音楽学校に進んだ。ここで、1861年から、カミーユ・サン=サーンスにピアノと作曲を師事した。
>作曲家としては何といっても「レクイエム」(1887年)が有名で、この曲は、モーツァルト、ヴェルディの作品と並んで“3大レクイエム”のひとつにも挙げられる。その他にもフォーレには、オペラや管弦楽曲など、いくつかの大作があるが、フォーレの作曲家としての活動の中心は、より小規模な編成の楽曲、すなわちピアノ曲、室内楽曲、そして歌曲にあった。
引用元:ガブリエル・フォーレ – 音楽人物辞典 – 楽器解体全書PLUS – ヤマハ株式会社 http://www.yamaha.co.jp/plus/person/?ln=ja&id=136

総説 2007年10月 執筆者: 齊藤 紀子
 作品のタイトルの《ドリー》とは、作曲当時フォーレが親しくしていたバルダック家の幼い娘エレーヌの愛称であり、この曲集は彼女の誕生日を祝って毎年1曲ずつ書き上げられていった。全曲が3部形式で書かれている。
>尚、この《ドリー》は、ドビュッシーの《子供の領分》と並べて評価されることがある。このことは、エレーヌの母親のエンマが後のドビュッシー夫人となり、その子供シューシューのために作曲された作品が《子供の領分》であるため、ある意味で文字通りの姉妹作品となっている。
引用元:フォーレ: Faure, Gabriel/組曲「ドリー」| Dolly ピアノ曲事典 | ピティナ・ピアノホームページ http://www.piano.or.jp/enc/pieces/1930/