『イノセント』

182lDgeuTXGRQ
イタリアの映画監督
ルキノ・ビスコンティの
遺作となった作品は
『家族の肖像』である
×
◯『イノセント』

ルキノ・ヴィスコンティ・ディ・モドローネ(Luchino Visconti di Modrone、1906年11月2日 – 1976年3月17日)は、イタリアの映画監督、舞台演出家、脚本家。
>1942年の『郵便配達は二度ベルを鳴らす』で映画監督としてデビュー。この衝撃的なデビュー作は彼が後にロベルト・ロッセリーニらとともにその主翼を担ったネオレアリズモ運動の先駆け的な作品であり、ヴィスコンティはロッセリーニ、ヴィットリオ・デ・シーカなどと共にイタリアン・ネオリアリズモを代表する監督とされる。
>1942年の『郵便配達は二度ベルを鳴らす』で映画監督としてデビュー。この衝撃的なデビュー作は彼が後にロベルト・ロッセリーニらとともにその主翼を担ったネオレアリズモ運動の先駆け的な作品であり、ヴィスコンティはロッセリーニ、ヴィットリオ・デ・シーカなどと共にイタリアン・ネオリアリズモを代表する監督とされる。
引用元: ルキノ・ヴィスコンティ – Wikipedia

『家族の肖像』(かぞくのしょうぞう、イタリア語: Gruppo di famiglia in un interno / 英語: Conversation Piece)は、ルキノ・ヴィスコンティ監督による1974年のイタリア・フランス合作映画である。キネマ旬報ベストテン1位。
孤独な老教授(最後まで名前は明かされない)と、新世代の若者たちとの交流を描いたヴィスコンティの代表作。

 ローマ市内で静かに暮らす教授のもとに、奇妙な一群がやってきた。母娘とその情夫たちである。彼らは教授の屋敷の2階に住み着き、教授の平穏な生活はかき乱されてしまう。だが、母親の情夫コンラッドとの美術談義だけは、教授に不思議な安息を与えていた。そんなある日、コンラッドが過激派に襲われて負傷してしまう。やがて、その傷がきっかけとなり、コンラッドは彼らの前から姿を消すことになるが……。巨匠ヴィスコンティが、現代における家族の存在理由と定義を問い直す、静かだが力強い作品。
引用元: 映画 家族の肖像 – allcinema

ダヌンツィオの原作を仰ぎ、ヴィスコンティが幼少期に映画的洗礼を授かった、イタリア・サイレント期のロマン主義的傾向の恋愛劇へのオマージュとしての、典雅にして不気味な貴族の愛憎物語。
>巨匠入魂の、そして残念ながら最後の、自らの階級への痛切なる挽歌。
引用元: 映画 イノセント – allcinema

スロット
映画『山猫』『家族の肖像』『地上より永遠に』などに出演したハリウッド俳優はバート・◯◯◯◯◯◯?
ランカスター
「バート・ランカスター」