「チェ・ジウ」 『美しき日々』『冬のソナタ』『天国の階段』『真実』

061AWIAHYE
『美しき日々』
『冬のソナタ』
『天国の階段』
『真実』
ペ・ヨンジュン
イ・ビョンホン
チェ・ジウ(答)
パク・ヨンハ


『冬のソナタ』
『初恋』
『若者の日なた』
『ホテリア』
ペ・ヨンジュン(答)


TVドラマ『その陽射しが私に…』
TVドラマ『美しき日々』
NHKテレビ小説『どんと晴れ』
TVドラマ『ジョシデカ!』
リュ・シウォン(答)


次の韓国の人気俳優を早く生まれた順にしなさい
イ・ビョンホン
チャン・ドンゴン
ペ・ヨンジュン
リュ・シウォン
クォン・サンウ
ソン・スンホン
ウォンビン
いいゴロが浮かびませんが、「一番のヨン様理屈ぽそう」

チェ・ジウ(1975年6月11日[5] – )は、韓国京畿道坡州市[7]出身の女優。本名はチェ・ミヒャン[7]。スリーサイズは、86.4-63.5-83.8 (cm)。漢陽大学校演劇映画科中退。クリスチャン。Olive9所属[8]。
映画ではアン・ソンギ、アン・ジェウク、ドラマではクォン・サンウ、チャン・ドンゴン、イ・ビョンホン、ペ・ヨンジュンなど有名俳優と共演し、アジアにおける韓流スターの代表的女優のひとりとなった[9][10]。
日本では、『冬のソナタ』のチョン・ユジン役や『美しき日々』のキム・ヨンス役、『天国の階段』のハン・ジョンソ役で知られる。
引用元:チェ・ジウ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%82%A6

韓流ブームの火つけ役となったドラマ『冬のソナタ』でブレークし、日本では“ジウ姫”の愛称で知られる女優チェ・ジウ。2006年にはTBSドラマ『輪舞曲』にも主演するほどだったが、韓国では04年に主演したドラマ『天国の階段』以来10年近く目立ったヒット作がなく、一部では「女優として限界を迎えたのではないか」という声も上がっていた。実際、13年には日本で大ヒットしたドラマ『家政婦のミタ』の韓国リメイク版『怪しい家政婦』で主人公ミタ役に扮するも、平均視聴率はたったの10.3%。14年にBIGBANG、2NE1ら人気アーティストたちが所属するYGエンターテインメントに移籍し、心機一転で挑んだドラマ『誘惑』も大コケ。『天国の階段』以来10年ぶりとなる俳優クォン・サンウとの共演という話題性があったにもかかわらず、平均視聴率は10.8%の惨敗を記録した。“涙の女王”が“視聴率に泣かされる女王”になりつつあった。
引用元:“涙の女王”から“笑いの女王”へ――ドラマ不振続きのチェ・ジウが、バラエティ転向か – エキサイトニュース(1/2) http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20150509/Cyzo_201505_post_18440.html

ペ・ヨンジュン(裵 勇浚、1972年8月29日 – )は、韓国の俳優。ソウル出身。日本での愛称は“ヨン様”。身長180cm、血液型はO型。特技は剣道、合気道、スノーボード、ゴルフ。キリスト教ローマ・カトリック信者でもある。 韓流ブームのきっかけとなった俳優。2015年5月、女優パク・スジンと同年秋に結婚することを発表[1]。
引用元:ペ・ヨンジュン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%BB%E3%83%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%B3

イ・ビョンホン(李炳憲、이병헌、1970年7月12日[2] – )は、韓国の俳優である。ソウル特別市出身(京畿道・広州市または城南市出身説もある)。漢陽大学校仏語仏文学科[3]卒(仏文学士[2])。中央大学校新聞放送学科大学院修了。身長177cm、体重72kg、血液型O型[2]。BHエンターテインメント所属。妹はミス・コリア(96年グランプリ)出身のタレント、イ・ウニ(이은희)である。
引用元:イ・ビョンホン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%9B%E3%83%B3

パク・ヨンハ(박용하、漢表示:朴容夏、1977年8月12日 – 2010年6月30日)は、韓国出身の俳優、歌手。父は韓国の音楽プロデューサーのパク・スンイン。
>2002年にKBSが放送したドラマ『冬のソナタ』でキム・サンヒョク役(ペ・ヨンジュン演じるカン・ジュンサン/イ・ミニョンの恋敵役)を演じた。翌年NHKが衛星波で放送するといわゆる“韓流”ブームに乗って、主役のチェ・ジウ、ペ・ヨンジュンとともに日本でも人気を集めるようになる。この年に歌手デビュー。
>2010年6月30日早朝、ソウル特別市内の自宅で遺体で発見された[2]。32歳没。死因は電源コードでの首吊り自殺と日本では報道されたが、実際は電源コードで首を締めたことによる感電での胸部圧迫死と断定された。背景のひとつとして、末期の胃癌を患った父親の介護に疲れたことや[3]、事務所経営のストレス、日本で活躍することに対する韓国からのバッシングなどが挙げられている[4]。葬列の見送りから火葬場に至るまで日本からも多くのファンが別れに訪れ、現地メディアも驚きをもって自殺時以上に大きく報道した[5]。
引用元:パク・ヨンハ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%A8%E3%83%B3%E3%83%8F