「初代ひらパー兄さん」小杉竜一「超ひらパー兄さん」岡田准一

036fmkBdnS
2009~2013年に、大阪の遊園地
「ひらかたパーク」のイメージ
キャラクター「ひらパー兄さん」
を演じていたお笑いタレントは?
ドランクドラゴン・塚地武雅 つかじむが
ますだおかだ・岡田圭右 おかだけいすけ
ブラックマヨネーズ・小杉竜一(答)
バナナマン・設楽統 したらおさむ

小杉 竜一(こすぎ りゅういち、1973年7月5日[2] – )は、日本のお笑い芸人であり、ブラックマヨネーズツッコミ担当である。立ち位置は向かって左。
京都府京都市出身[1]。吉本興業所属。身長170cm、体重80kg[2]。京都府立桂高等学校[3]。相方は吉田敬。
>大阪のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」の常連客。『人志松本の○○な話』に「好きなものの話」で出演した際には、ウッディー・ウッドペッカーのファンだと語っている[20]。その一方で、同じく大阪に存在する遊園地「ひらかたパーク」においても、イメージキャラクター「ひらパー兄さん」を担当しCMにも出演していた。その後、京阪本線沿線出身かつ父が京阪電気鉄道社員だった吉田によりこの二股疑惑が追及され、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」には50回以上行っているなどのことから「ひらかたパーク」側から不信任案が提出され、吉田との間で「2代目ひらパー兄さん選挙」を行なうこととなり[21]、来園者によって投票が行なわれた結果、小杉が圧勝し引き続き「ひらパー兄さん」を務めることになった[22]。(現在の「ひらパー兄さん」は枚方市出身の岡田准一が担当)
引用元:小杉竜一 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9D%89%E7%AB%9C%E4%B8%80#cite_note-22

ひらパー兄さんとは、大阪府にある遊園地「ひらかたパーク」のテレビCMに登場するキャラクターのことである。
具体的には、

初代および2代目ひらパー兄さん
3代目改め超(スーパー)ひらパー兄さん
>もしかして→小杉竜一(ブラックマヨネーズ)

初代および2代目ひらパー兄さんは、2009年4月から2013年3月までひらかたパークのテレビCMに登場。子供達とひらパーをこよなく愛し、誰からも愛された大人気のお兄さんである。
>2代目ひらパー兄さんの2013年3月末での引退を受け、ひらパーファンの間では「次のひらパー兄さんは誰なんや」と後継者の話題で持ちきりとなった。「2代目が芸人やったから、次も芸人やろ」という大方のファンの予想をひっくり返し、ひらパー直々に白羽の矢を立てたお兄さんは、まさかのイケメンアイドル。

先代とのあまりのギャップの違いに騒然となるなか、超(スーパー)ひらパー兄さんは真っ白な「枚方パーカー」を着こなし、爽やかにこう言い放った。

「わいが枚方生まれの超(スーパー)ひらパー兄さんでおま!」

ちなみに超(スーパー)ひらパー兄さんとなった、岡田准一は地元・大阪府枚方市の出身。子どもの頃からひらパーと共に育った「ひらパー産」である。
引用元:ひらパー兄さんとは (ヒラパーニーサンとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%81%B2%E3%82%89%E3%83%91%E3%83%BC%E5%85%84%E3%81%95%E3%82%93

「有名テーマパークのように大型投資に踏み切る余裕のないなか、最小限の投資で最大限の効果を得るには知恵を絞るしかない」

 今回の抜擢人事に伴い園長から“降格”してしまった岡本敏治園長代理は、こう話す。

 遊園地やテーマパークでは最近、大型投資による派手なアトラクションで注目を集める傾向が強まっているが、アイデアを凝らしたソフト面を重視するのがひらパー流だ。

 そもそも岡田さんをイメージキャラクターに採用できたのも、ひらパー関係者が「枚方出身の岡田さんがひらパー兄さんをやりたいと発言していた」と聞きつけたのがきっかけだ。

 パーク側は「だめでもともと」と岡田さん側にひらパー兄さんへの就任を打診したところ“意外にも”快諾。岡本園長代理は「交渉は難航すると思っていましたが、地元・枚方の力になりたい、と力強い応援をいただいた」。CMでは「~でおま」という極端な関西弁のユニークなキャラクター設定にし、2年目には岡田園長が誕生。「新園長のおまフェスト」を掲げ、4段階にわたって園長改革に乗り出すなど演出にこだわった。
引用元:【経済裏読み】USJに負けへん! V6岡田が老舗遊園地「ひらパー」園長就任のワケ…進退かけた「100万人」達成へ(2/4ページ) – 産経WEST http://www.sankei.com/west/news/150208/wst1502080007-n2.html