「プーランク」オペラ『人間の声』『ティレジアスの乳房』 「タイユフェール」バレエ曲『鳥商人』フランス6人組の紅一点

1426hOERFTR
オペラ『人間の声』
『フランス組曲』
バレエ音楽『牝鹿』
オペラ『ティレジアスの乳房』
フランシス・プーランク(答)
ダリウス・ミヨー
ジェルメーヌ・タイユフェール
ルイ・デュレ
25%

166EryXMkx
代表作にバレエ曲『鳥商人』
などがある、フランス六人組で
唯一の女性としても知られる
20世紀の作曲家は?
イユフルェータ
タイユフェール(答)

130kogRXmJuLK
「フランス6人組」と
呼ばれた作曲家の中に
女性は1人もいない
(誤り)
×(答)
◯タイユフェール
「ロシア5人組」は全員男性

当初掲載した記事に誤りがあり、訂正しました。フランス6人組に女性がいるようです。大変失礼しました。

◯×
1597年に長崎で処刑された26人のキリスト教徒「日本二六聖人」は全員男性だった
◯(答)

フランシス・ジャン・マルセル・プーランク(プランク)(Francis Jean Marcel Poulenc [fʁɑ̃sis ʒɑ̃ maʁsɛl pulɛ̃k] 発音例,1899年1月7日-1963年1月30日)は、フランスの作曲家。フランス6人組の一人。声楽、室内音楽、宗教的楽劇、オペラ、バレエ音楽、オーケストラ音楽を含むあらゆる主要な音楽ジャンルの楽曲を作曲している。その作風から、1950年7月のパリのプレス紙において評論家のクロード・ロスタンから「ガキ大将と聖職者が同居している」と評された。
>1923年、ミヨーとともにイタリア旅行中であった24歳のプーランクは、バレエ・リュスを主宰するセルゲイ・ディアギレフからの委嘱によってバレエ『牝鹿』を作曲し、翌1924年にモンテカルロにおいてバレエ・リュスによって初演された。脚本はコクトー、舞台と衣装はマリー・ローランサン、振付・主演はブロニスラヴァ・ニジンスカによるという豪華なものだった。以来、軽妙洒脱で親しみやすいその作風は大衆に喜んで受け入れられたが、作曲活動だけでなく、バリトン歌手ピエール・ベルナックとによる自作歌曲のピアノ伴奏をはじめとして積極的に演奏活動もし、録音も残されている。
初のオペラ作品『ティレジアスの乳房』は1948年に初演され、第2作の『カルメル派修道女の対話』(1957年1月ミラノ・スカラ座で世界初演、6月パリ・オペラ座でフランス初演)は、「ドビュッシーの『ペレアスとメリザンド』、ベルクの『ヴォツェック』に続く作品」と絶賛された[2]。
引用元:フランシス・プーランク – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF

1917年に上演されたG.アポリネールのシュルレアリスム劇《ティレジアスの乳房》は,妻が男性に性転換し,一方女性になった夫が4万0049人の赤ん坊を生むという奇怪な内容だが,その独創性で50年代演劇の先駆となった。
引用元:《ティレジアスの乳房》(てぃれじあすのちぶさ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%80%8A%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%81%AE%E4%B9%B3%E6%88%BF%E3%80%8B-1372021

ジェルメーヌ・タイユフェール(Germaine Tailleferre、1892年4月19日 – 1983年11月7日)は、20世紀フランスのクラシック音楽の作曲家。パリ音楽院で学んだ後、個人的にシャルル・ケクランとラヴェルに師事。シャブリエ、サティの影響を受けた快活でさわやかな作品を残す。コクトーに「耳のマリー・ローランサン」と呼ばれた女性作曲家。いわゆるフランス六人組のメンバーの一人。
>友人たちとともにモンマルトルやモンパルナスの芸術家集団と親交を結び、その中で知り合った彫刻家のエマニュエル・サントールは、後にタイユフェールの妹と結婚した。「フランス六人組」の原型が出来上がったのも、モンマルトルの友人の画家のアトリエにおいてであった。ジャン・コクトーの宣言文『牡鶏とアルルカン』が出版されると、音楽評論家で作曲家のアンリ・コレの批評によって、「フランス六人組」という名称が与えられ、一躍グループを有名にした。タイユフェールは「六人組」の紅一点のメンバーである。
>1920年代はタイユフェールにとって激動の時期であったが、《ピアノ協奏曲》や《ハープのためのコンチェルティーノ》、バレエ音楽《鳥商人 Le Marchand d’Oiseaux》(スウェーデン・バレエ団のための作品)および《新しきシテール島 La Nouvelle Cythère》(ディアギレフとロシア・バレエ団の依嘱作品)などのいくつかの代表作のほか、先駆的な映画音楽の作曲も手懸けて、アフリカ音楽を主題に用いるなどの試みもしている。チャップリンは、映画音楽をタイユフェールに書いてもらいたがっていたが、タイユフェールはチャップリンの作曲センスを認めていたので、チャップリンに自分で作曲するように助言した。チャップリン映画の数々の名旋律は、タイユフェールの配慮がなければ後世に残らなかった可能性が高い。
引用元:ジェルメーヌ・タイユフェール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%8C%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A6%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%AB

フランス6人組(フランスろくにんぐみ 仏:Les Six)は、20世紀前半フランスで活躍した作曲家の集団。単に「6人組」とも呼ばれる。全員で活動したのはたったの1回であった。
ロマン派音楽や印象主義音楽とは一線を画し、新古典主義音楽に含まれる傾向を示す。
>ルイ・デュレ(Louis Durey, 1888年 – 1979年)
アルテュール・オネゲル(Arthur Honegger, 1892年 – 1955年)
ダリウス・ミヨー(Darius Milhaud, 1892年 – 1974年)
ジェルメーヌ・タイユフェール (Germaine Tailleferre, 1892年 – 1983年)
フランシス・プーランク(Francis Poulenc, 1899年 – 1963年)
ジョルジュ・オーリック(George Auric, 1899年 – 1983年)
>彼らとつながりが深かった詩人ジャン・コクトーは、『雄鶏とアルルカン』(1918年3月)、『パリ・ミディ』紙(1919年)において印象派にかわる新しいフランス音楽の必要性を説き、コクトーの影響を受けた批評家のアンリ・コレ(ロシア語版)は彼らを「6人組」と名づけ、1920年1月16日付の『コメディア』誌に「ロシア5人組、フランス6人組、そしてエリック・サティ」を掲載し、この名称を世に広めた[3]。
引用元: フランス6人組 – Wikipedia

ロシア5人組(ロシアごにんぐみ)は、19世紀後半のロシアで民族主義的な芸術音楽の創造を志向した作曲家集団のこと。次の5人からなる。
ミリイ・バラキレフ(1837年 – 1910年)
ツェーザリ・キュイ(1835年 – 1918年)
モデスト・ムソルグスキー(1839年 – 1881年)
アレクサンドル・ボロディン(1833年 – 1887年)
ニコライ・リムスキー=コルサコフ(1844年 – 1908年)
このうち、グリンカの愛弟子であり、さまざまな音楽理論に通暁していたバラキレフが指導的役割を果たした。
引用元: ロシア5人組 – Wikipedia