イングウェイ・マルムスティーン在籍順「スティーラー」「アルカトラス」「ライジングフォース」

103RhDXsKn
次のロックバンドを
イングウェイ・マルムスティーン
が在籍した順に選びなさい
スティーラー
アルカトラス
ライジングフォース

イングヴェイ・マルムスティーン(Yngwie Malmsteen、本名:Lars Johan Yngve Lannerbäck、1963年6月30日 – )は、スウェーデン・ストックホルム出身のミュージシャン、ギタリスト、作曲家、マルチプレイヤー。「インギー」の愛称で親しまれている(ただ、本人はこの愛称をあまり好く思っていないとされる)。ロック・ギターにクラシック音楽の要素を盛り込み、驚異的な速弾きでギター奏法に大革命をもたらした。日本でのみマイケル・シェンカーの「神」に対して「王者」と呼ばれる[3]。
>1983年、イングヴェイのデモテープを聴いたシュラプネル・レコーズのマイク・ヴァーニーの誘いでロサンゼルスへ渡る。地元のメタルバンド「スティーラー(英語版)」に加入。同年これを脱退し、グラハム・ボネット率いる「アルカトラス(Alcatrazz)」に加入し名声を得る。
1984年、自らのバンド「ライジング・フォース」を結成。デビューアルバム『ライジング・フォース』をリリース。
引用元:イングヴェイ・マルムスティーン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3

冗談はさておき、彼はスウェーデン生まれの超有名ギタリストである。
マイケル・シェンカーが「神」と呼ばれるのに対し彼は「王者」「豚貴族」「光速の豚」とよばれる。
スウェーデンの伯爵の家系であるマルムスティーン家に生まれ、リッチー・ブラックモアやウルリッヒ・ロートに影響を受けギターを始める。
もともとスティーラーやアルカトラスなどといったHR/HMバンドに所属していたが脱退。後任のスティーブ・ヴァイに物凄く迷惑をかける。

クラシックを基調とした超高速のギター演奏を身上とし、マーティ・フリードマン、ポール・ギルバート、ジェイソン・ベッカー、トニー・マカパインらとともに、速弾きブームの火付け役となる。
とにかく速く、彼のギターソロは当時驚異的な速度であった。
引用元:Yngwie Malmsteenとは (イングヴェイマルムスティーンとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/a/yngwie%20malmsteen