『ラ・レクチュール』ピカソの絵画 愛人マリーテレーズ・ワルテルを描く

055vgCYKRb
2011年2月に約33億円で
落札され話題となった、愛人の
マリーテレーズ・ワルテルを
描いたパブロ・ピカソの絵画は?
・ルュチレクーラ
ラ・レクチュール(答)

nHQDvzX
La Lecture, 1932 by Pablo Picasso
引用元:La Lecture, 1932 by Pablo Picasso http://www.pablopicasso.org/la-lecture.jsp#prettyPhoto

英ロンドン(London)で8日、競売大手サザビーズ(Sothebys)が開いたオークションで、スペイン出身の画家パブロ・ピカソ(Pablo Picasso)の絵画「ラ・レクチュール(La Lecture、読書)」が2520万ポンド(約33億3400万円)で落札された。

「ラ・レクチュール」は、ピカソの作品でモデルをつとめた愛人、マリーテレーズ・ワルテル(Marie-Therese Walter)を描いたもので、ピカソ絶頂期の1932年の作品。当初の予想価格は1200万ポンド(約15億9000万円)だったが、倍額以上の値で落札された。

 ピカソは1927年、仏パリ(Paris)の高級百貨店ギャラリー・ラファイエット(Galeries Lafayette)前で、初めてマリーテレーズと出会った。この時、マリーテレーズは17歳。
引用元:ピカソが若い愛人を描いた絵画、33億円で落札 英競売 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News http://www.afpbb.com/articles/-/2784834

La Lecture (or Reading[1]) is a painting by Spanish artist Pablo Picasso completed in January 1932. The oil painting depicts Picasso’s mistress and muse, Marie-Thérèse Walter, asleep with a book upon her lap. The painting led to the breakup of Picasso’s marriage to Olga Khokhlova after she saw it at a retrospective exhibition and realised that the facial features were not her own. The painting went to auction in 1989 and in 1996, where it failed to sell. In January 2011, it was announced that La Lecture would be going to auction on 8 February. The painting, which had not been seen in Europe since the exhibition, was then displayed at Sotheby’s in Paris.
引用元:La Lecture – Wikipedia, the free encyclopedia https://en.wikipedia.org/wiki/La_Lecture

パブロ・ピカソと言えば最も有名な画家のひとりですが、彼の画期的な作風に感銘を受ける人も多く、天才の代名詞でもあります。

今日はそんな巨匠ピカソの、よく知られてるものから意外なものまで、10のトリビアをご紹介します。
天才画家ピカソのあまり知られていない10の秘密:らばQ
パブロ・ピカソと言えば最も有名な画家のひとりですが、彼の画期的な作風に感銘を受ける人も多く、天才の代名詞でもあります。 今日はそんな巨匠ピカソの、よく知られてるものから意外なものまで、10のトリビア …