英国歌手の代表曲 エリック・クラプトン『いとしのレイラ』『Tears In Heaven』エルトン・ジョン『Candle In The Wind』ビリー・アイドル『反逆のアイドル』

027iWeGzDp
次の曲を
イギリス出身の歌手ごとに
グループ分けしなさい

エリック・クラプトンエルトン・ジョンビリー・アイドル
いとしのレイラ
Candle In The Wind
Tears In Heaven
反逆のアイドル



エリック・クラプトンが1966年
から1969年まで在籍しました
(画像出題)
クリーム(答)
79%

エリック・パトリック・クラプトン(Eric Patrick Clapton, CBE、1945年3月30日 – )は、イギリスのミュージシャン、ギタリスト。
>1960年代からヤードバーズ、クリームなどのバンドでギタリストとして活動。その演奏について、エリック・クラプトンは神だとロンドン市内に落書きされた。「スローハンド[注 1]」というニックネームで知られる[注 2]。 『ローリング・ストーン』誌の2003年8月号のカバーストーリー「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第4位。2011年の改訂版では第2位[1]。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第55位。身長177cm。
引用元:エリック・クラプトン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%97%E3%83%88%E3%83%B3

『いとしのレイラ』(原題:Layla)は、アメリカのロックバンド、デレク・アンド・ザ・ドミノスのアルバム『いとしのレイラ(原題:Layla and Other Assorted Love Songs)』のタイトル曲。作詞・作曲は、エリック・クラプトンとジム・ゴードン。流麗なギターによる前半部分と、後半のピアノコーダ部分から成り、ロックの代表的なラブソングの1つと見なされる[1]。対照的な曲の前半と後半はそれぞれクラプトンとゴードンによって作曲された。
>曲はペルシア文学の古い詩、ニザーミー・ギャンジェヴィーの『ライラとマジュヌーン』からインスパイアされた。クラプトンはこの詩をイアン・ダラスから与えられた。それは美しく、手に入れることのできない女性と望みのない恋に落ち、彼女と結婚できずに気が狂ってしまった青年の物語で、クラプトンを深く動かした[2][3]。
引用元:いとしのレイラ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%AE%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%A9

『ティアーズ・イン・ヘヴン』(Tears In Heaven)は、1992年に発表されたエリック・クラプトンの楽曲である。
クラプトンは映画『ラッシュ』のサントラを担当し、その主題歌としてこれをリリースした。1992年に全米シングルチャート第2位を記録。また1993年にはグラミー賞の最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞、最優秀ポップ男性歌手賞に選出された。この模様を収録したライブ・アルバム『アンプラグド〜アコースティック・クラプトン』も3つのグラミー賞を受けた。A Majorである。
>この曲は、息子の死を悼んで作られた歌である。1986年8月、クラプトンはイタリア人女優ロリ・デル・サント(Lori Del Santo)との間に息子コナー(Conor)を授かる。彼は自分によく似た息子を大変可愛がり、父親としての時間を大切にしたいと述べていた。しかし1991年3月20日午前11時、当時4歳半だったコナーが母親の自宅の階段を駆け上がっていたところ、たまたま開いていた踊り場の窓から転落して死亡した。自宅は、アパートの53階だった。
引用元:ティアーズ・イン・ヘヴン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%98%E3%83%B4%E3%83%B3

エルトン・ハーキュリーズ・ジョン(Sir Elton Hercules John, CBE、1947年3月25日 – )は、イギリスのミュージシャン、シンガー・ソングライター。代表曲に、「僕の歌は君の歌」「クロコダイル・ロック」「キャンドル・イン・ザ・ウィンド」「ダニエル」などがある。出生時の名前は、レジナルド・ケネス・ドワイト(Reginald Kenneth Dwight)。血液型 は A型。
>1970年代前半に、人気は全盛期を迎えた。1972年の『ホンキー・シャトー』以降、『ピアニストを撃つな!』(1973年)、『黄昏のレンガ路』(1973年)、『カリブ』(1974年)、『グレイテスト・ヒッツ』(1974年)、『キャプテン・ファンタスティック』(1975年)、『ロック・オブ・ザ・ウェスティーズ』(1975年)が7作連続全米首位を記録し、1975年には『キャプテン・ファンタスティック』で全米ビルボードのアルバムチャート史上初の初登場1位を記録するなど、この時期に彼は数多くの快挙を成し遂げている。
引用元:エルトン・ジョン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3

「キャンドル・イン・ザ・ウインド」(原題:Candle in the Wind)は、エルトン・ジョンの楽曲、またはシングル。別題、「風の中の火のように(孤独な歌手、ノーマ・ジーン)」。
本項では、「キャンドル・イン・ザ・ウインド」のリメイクである「キャンドル・イン・ザ・ウインド 〜ダイアナ元英皇太子妃に捧ぐ」(キャンドル・イン・ザ・ウインド1997)についても解説する。
>マリリン・モンローへ捧げた曲である。
1973年にオリジナルバージョンがアルバム『黄昏のレンガ路』に収録される。1974年にシングル発売され、全英チャートで最高11位を記録。但し、このときはアメリカでのシングル発売はなかった。このときの邦題は「風の中の火のように(孤独な歌手、ノーマ・ジーン)」。
引用元:キャンドル・イン・ザ・ウインド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89

ビリー・アイドル(Billy Idol, 1955年11月30日 – )は、イギリスのミュージシャン。パンク・ロック・バンド、ジェネレーションX(キャリア末期にはGenXと改名)のリード・ヴォーカルを務め、解散後はソロで大成功した。本名ウィリアム・マイケル・アルバート・ブロード(William Michael Albert Broad)。
引用元:ビリー・アイドル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AB

『反逆のアイドル』(原題:Rebel Yell)は、イングランド出身のロック・ボーカリスト、ビリー・アイドルが1983年に発表した2作目のスタジオ・アルバム。
アイドルは本作で大きな成功を収めた。アメリカのBillboard 200では6位に達して自身初のトップ10入りを果たし[3]、1984年4月にRIAAによってゴールドディスクに認定されて、1885年1月にはダブル・プラチナに認定されている[8]。Billboard Hot 100では、本作からのシングル「反逆のアイドル」が46位、「フレッシュ・フォー・ファンタジー」が29位、「アイズ」が4位、「キャッチ・マイ・フォール」が50位に達した[3]。
引用元:反逆のアイドル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8D%E9%80%86%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AB