「五寸釘」ぶちこむぞ!『エイジハラスメント』吉井 英美里の決め台詞

546ElffYhs
2015年のTVドラマ『エイジ
ハラスメント』で、主人公の決め
台詞は「◯◯◯ぶちこむぞ!」?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
ごすんくぎ(答)
「五寸釘ぶちこむぞ!」

『エイジハラスメント』は、内館牧子の小説。2008年7月23日に幻冬舎から単行本が刊行された。2015年6月15日には幻冬舎文庫版が発売された。
2015年7月期にテレビ朝日系でテレビドラマ化された。
>キャスト[編集]
吉井 英美里(よしい えみり)〈22〉
演 – 武井咲
総合商社・帝都物産の新入社員。アメリカでMBAを取るのを夢見て東京の大学で学んでいたが、実家の事業が失敗し夢を断念。会社役員を目指して駆け込み入社したが、希望していた繊維部門の配属は叶わず、総務部へ配属される。
>理不尽なことが我慢できない性格で、怒りが頂点に達すると激昂し、辺り構わず大暴れする。決めぜりふは「テメェ、五寸釘ぶちこむぞ!」[5]。
引用元:エイジハラスメント – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%83%8F%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88

その象徴と言えるのが、武井が演じるヒロイン吉井英美里の決めゼリフである「テメェ、五寸釘ぶちこむぞ!」。なにしろ武井自身も五寸釘が何なのかを知らなかったほど。インターネットの掲示板にも、「このセリフはどういう意味なのでしょうか?」という質問が投稿されるなど、脚本の意図が読めずに戸惑っている視聴者の様子が伝わってくる。

 実は、このドラマは2008年発売の小説を原作としており、原作では30代女性に対する嫉妬やイジメをテーマにしている。そのヒロインは現在なら40代になるわけで、五寸釘という単語を違和感なく受け入れられる世代のはずだ。問題はその設定を平成生まれの武井咲にそのまま当てはめてしまったことではないだろうか。
引用元:21世紀に五寸釘!?武井咲「エイジハラスメント」の時代錯誤っぷりが凄い! | アサ芸プラス http://www.asagei.com/excerpt/39791