『バットマン&ロビン』シュワルツネッガー・ジョージ・クルーニー出演 Mrフリーズ 『X-MENシリーズ』ファムケ・ヤンセン パトリック・スチュワート イアン・マッケラン 『バットマンシリーズ』マイケル・キートン ヴァル・キルマー 『ゴッドファーザー』『ロッキー』タリア・シャイア

005cPWtowiaONq
次の映画『バットマン』シリーズ
の登場人物とそれを演じた俳優の
正しい組み合わせを選びなさい
ジョーカー───ジャック・ニコルソン
ラーズ・アル・グール───渡辺謙
Mr.フリーズ───シュワルツェネッガー
71%

028qZHkQnM
シュワルツネッガー
監督はジョエル・シュマッカー
敵はMr.フリーズ
主演はジョージ・クルーニー
『バットマン&ロビン』(答)
『バットマン・フォーエヴァー』
『バットマン リターンズ』
『バットマン ビギンズ』

P35IKytAKSFO
次のうち、「&」という文字の
もとになったアルファベットを
全て選びなさい
t(答)
d
e(答)

CIMG0629IgaIfdjWvCgo
次の俳優を出演した
映画シリーズごとに
グループ分けしなさい

X-MENバットマン役名
ファムケ・ヤンセンジーン・グレイ
パトリック・スチュワートプロフェッサーX(チャールズ・エグゼビア)
マイケル・キートンブルース・ウェイン(バットマン)『バットマン』
ヴァル・キルマーブルース・ウェイン(バットマン)『バットマン フォーエヴァー』

CIMG2561FmTyrikQLwKc
次の俳優を出演した
映画シリーズごとに
グループ分けしなさい

X-MENゴッドファーザー役名
タリア・シャイアコニー・コルレオーネ・リッジ
ファムケ・ヤンセンジーン・グレイ
イアン・マッケランマグニートー

CIMG3002
シルベスター・スタローン主演の
映画『ロッキー』シリーズで
主人公ロッキーの妻である
エイドリアンを演じた女優は?
シアアイタ・ャリ
タリア・シャイア(答)

『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』(バットマンアンドロビン ミスターフリーズのぎゃくしゅう、Batman & Robin)は、DCコミックの『バットマン』を原作とした1997年のスーパーヒーロー映画である。監督はジョエル・シュマッカー、脚本はアキヴァ・ゴールズマン、出演はアーノルド・シュワルツェネッガー、ジョージ・クルーニー、クリス・オドネル、ユマ・サーマン、アリシア・シルヴァーストーンらで、ワーナー・ブラザーズが配給した。映画『バットマン』シリーズの4作目であり、バットマンとロビンがゴッサム・シティを氷漬けにしようと企むMr.フリーズ、ポイズン・アイビー、ベインに立ち向かう物語である。
企画は『バットマン フォーエヴァー』が興行的に成功した直後に始まり、撮影は1996年9月から1997年1月まで行われた。
>出演者 アーノルド・シュワルツェネッガー
ジョージ・クルーニー
クリス・オドネル
ユマ・サーマン
アリシア・シルヴァーストーン
引用元:バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%B3_%26_%E3%83%AD%E3%83%93%E3%83%B3_Mr.%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%81%AE%E9%80%86%E8%A5%B2

バットマン (1989年)[編集]
詳細は「バットマン (映画)」を参照
1986年にティム・バートンが1作目の監督に就任した。サム・ハム(英語版)が最初の脚本を執筆する前にスティーブ・エングルハート(英語版)とジュリー・ヒックソン(英語版)が映画のトリートメントを書いた[9][11]。バットマン役はマイケル・キートンに決定する以前に多くのAリスト俳優(英語版)が検討されていた。キートンに決まった際は、彼がバットマン役に適格か否かで論争を引き起こした[9]。ジョーカー役には高額の出演料、興行収入の一部、そして厳しい撮影スケジュールと引き換えにジャック・ニコルソンが抜擢された。

>バットマン リターンズ (1992年)[編集]
詳細は「バットマン リターンズ」を参照
バートンは元々前作に対する複雑な心境のために続編を監督することを望んでいなかった[4]。サム・ハムによる第1稿ではペンギンとキャットウーマンが隠された宝を探していた[17]。ダニエル・ウォーターズはバートンが納得するような脚本を彼のもとへ届け、再び監督するよう説得した。また、ウェズリー・ストリックがノンクレジットで脚本に参加しており、ハーヴェイ・デントとロビンの出番を削除し、クライマックスの部分を書き直した[18][19]。多くのAリスト女優の中からキャットウーマン役の候補が選ばれた末、最終的にミシェル・ファイファーに決定し、ダニー・デヴィートがペンギン役に決まった[20]。

>バットマン フォーエヴァー (1995年)[編集]
詳細は「バットマン フォーエヴァー」を参照
『バットマン リターンズ』は商業的に成功したものの、ワーナー・ブラザーズの期待には及ばないものであり、スタジオは続編をよりメインストリーム向けの内容へ変えることを決めた。監督はティム・バートンからジョエル・シュマッカーへ変更され、バートンはプロデューサーとして留まることとなった[24]。しかしながら、前2作でバットマン役だったマイケル・キートンはシリーズの路線変更を気に入らず[25]、同役には新たにヴァル・キルマーが抜擢された。

>バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲 (1997年)[編集]
詳細は「バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲」を参照
『バットマン フォーエヴァー』の後すぐに『バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲』の企画が始まり、ワーナー・ブラザーズは1997年6月公開を決めた[29]。ヴァル・キルマーは『セイント』とのスケジュールの都合を理由に降板し[30]、新たにジョージ・クルーニーがバットマンを演じることとなった。他にアーノルド・シュワルツェネッガーがミスター・フリーズ、ユマ・サーマンがポイズン・アイビー、アリシア・シルヴァーストーンがバットガールを演じ、またクリス・オドネルも引き続いてロビンを演じる。

>クリストファー・ノーランの三部作『ダークナイト トリロジー』[編集]
>バットマン ビギンズ (2005年)[編集]
詳細は「バットマン ビギンズ」を参照
監督・脚本のクリストファー・ノーランと共同脚本のデヴィッド・S・ゴイヤーによる『バットマン ビギンズ』への取組みは2003年初めに開始され[63]、ダークでより現実的なトーンで、ヒューマニティとリアリズムに基づいた映画にすることを目指した[64]。
>バットマンはクリスチャン・ベールが演じた。またヴィランは、ラーズ・アル・グール(ヘンリー・デュカード(英語版))をリーアム・ニーソン、スケアクロウをキリアン・マーフィーが演じた。さらにバットマンの恋人としてケイティ・ホームズ演じるレイチェル・ドーズ(英語版)が登場した。

>ダークナイト (2008年)[編集]
詳細は「ダークナイト」を参照
クリストファー・ノーランは再度監督を務め、さらに弟のジョナサンと共同で脚本を執筆した。『ダークナイト』でもクリスチャン・ベールがバットマン(ブルース・ウェイン)を演じ、さらにヒース・レジャーがジョーカー、アーロン・エッカートがハーヴェイ・デント(トゥーフェイス)を務めた

>ダークナイト ライジング (2012年)[編集]
詳細は「ダークナイト ライジング」を参照
『ダークナイト ライジング』はノーランの『バットマン』三部作の完結を目的としている[76]。ノーランは『インセプション』に専念し始める2008年12月までにおおまかなストーリーのアウトラインを完成させた[77]。2010年2月、デヴィッド・S・ゴイヤーとジョナサン・ノーランは脚本の開発を始めた[78]

>新キャストにはトム・ハーディのベイン、アン・ハサウェイのセリーナ・カイルが加わり[80]、さらにジョゼフ・ゴードン=レヴィットがジョン・ブレイク[81][82]、 ジュノー・テンプルが「ストリート・スマート・ゴッサム・ガール」と説明された役にキャスティングされている[83]。
引用元:バットマンの映画作品 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%98%A0%E7%94%BB%E4%BD%9C%E5%93%81