『小犬のワルツ』の由来 ジョルジュ・サンドの子犬「マルキ」「ディブ」

042qgRibiJ
ショパンの『小犬のワルツ』の
ヒントになったのは
自分が飼っていた犬である
✕(答)

ワルツ第6番『小犬のワルツ』(こいぬのワルツ、仏:Valse du Petit Chien)変ニ長調作品64-1は、フレデリック・ショパンが作曲したピアノ独奏のためワルツで、晩年の1846年から1848年にかけての作品である。デルフィーヌ・ポトツカ伯爵夫人にささげられた。
作品64は3曲からなっており、第2曲の有名な嬰ハ短調ワルツ、最後の転調色彩感あふれる変イ長調ワルツと対照を成している。第1曲に第一義明朗な作品、以降の曲に陰鬱深刻なそれを組み合わせるのは作者の常であり、『華麗なる円舞曲』や『軍隊ポロネーズ』も同様の手法で公表されている。
>作曲の経緯[編集]
子犬が自分の尻尾を追い掛け回している情景にヒントを得て作曲したものだといわれている。この曲は英語では「1分間ワルツ」(Minute Waltz)という愛称でも親しまれている。
なお、中盤の高く短い音は子犬がつけた鈴の音といわれている。
引用元:子犬のワルツ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%90%E7%8A%AC%E3%81%AE%E3%83%AF%E3%83%AB%E3%83%84

>ワルツ第6番変ニ長調Op.64-1「小犬のワルツ」

作曲年:1846-47年
ジョルジュ・サンドの飼っていた小犬が自分のしっぽを追いかけてくるくる回る癖をもっていて、 それをピアノで表現して欲しいというサンドの頼みで作曲されたワルツと言われています。曲名に ついては海外では「1分ワルツ」とも呼ばれるそうです。快活な作品ですが、中間部の優美さは ピアノの詩人ショパンの音の世界です。とくに長いトリルの前のホロリとする情緒にはうっとりする 人も多いと思います。
引用元:ショパン・ワルツ~作品解説・難易度・演奏法~ http://www10.plala.or.jp/frederic3/work/waltz.html

ショパンの愛人だった『ジョルジュ・サンド』は、当時《マルキ》と《ディブ》という
名の子犬を飼っていたそうです(他に、シモン、ジャックという犬もいた)。
ショパンも大変な犬好きで、彼らをとても可愛がっていました。その犬、特に
マルキが自分のしっぽを追ってくるくると回る様を表している、といわれるのが
この曲です。
引用元:子犬のワルツ/ショパン~名曲スケッチ http://www.geocities.jp/mani359/mei0506chopinkoinu.html

ジョルジュ・サンド(George Sand、1804年7月1日 – 1876年6月8日)は、フランスの女流作家であり、初期のフェミニストとしても知られる。本名をアマンディーヌ=オーロール=リュシール・デュパン(Amandine-Aurore-Lucile Dupin)、デュドヴァン男爵夫人(Baronne Dudevant)という。
>多くの男性と恋愛関係をもった。
1831年にジュール・サンドー(Jules Sandeau)との合作で処女作 『Rose et Blanche』 を書き、これ以後「サンド」のペンネームを使うようになった。その後 『アンディアナ』 で注目され、また男装して社交界に出入りして話題となった。1833年から1834年にかけて詩人のアルフレッド・ド・ミュッセと、またその後医師パジェロ、音楽家フランツ・リストとも関係をもった。さらにフレデリック・ショパンとは1838年(マジョルカ島への逃避行)から1847年までノアンで同棲したが、彼女の子供たちをめぐるトラブルなどから別れた。
引用元:ジョルジュ・サンド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89