「若山騎一郎」 若山富三郎(弟は勝新太郎)の息子

639anMakdX
今は亡き俳優・若山富三郎の
長男にあたる俳優は若山◯◯◯?
◯の名前をひらがなで答えなさい
きいちろう(答)
「若山騎一郎」

若山 騎一郎(わかやま きいちろう、1964年11月30日 – )は、日本の元俳優。本名、藤原 敏章。東京都出身。若山プロダクション主宰。
>父は若山富三郎、母は宝塚歌劇団卒業生で映画女優に転進した藤原礼子(大和七海路)。勝新太郎は叔父、鴈龍は従兄弟(同年生まれ)にあたる。
趣味は、殺陣・極真空手・スキー・アウトドアスポーツ・日本舞踊と幅広い。
主な出演作に『山岳救助隊シリーズ』などがある。
引用元:若山騎一郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%A5%E5%B1%B1%E9%A8%8E%E4%B8%80%E9%83%8E

若山 富三郎(わかやま とみさぶろう、1929年9月1日 – 1992年4月2日)は、日本の俳優・歌手・テレビドラマ監督。本名は奥村 勝(おくむら まさる)。別名は城 健三朗(じょう けんざぶろう)。東京府東京市深川区(現・東京都江東区)出身。映画・テレビドラマ・演劇で幅広い役柄を演じ、特に殺陣に関しては当代随一の名手と評された[1][2][3]。父は長唄三味線の杵屋勝東治、弟に勝新太郎、息子は若山騎一郎、前妻は藤原礼子。
>若山 富三郎(わかやま とみさぶろう、1929年9月1日 – 1992年4月2日)は、日本の俳優・歌手・テレビドラマ監督。本名は奥村 勝(おくむら まさる)。別名は城 健三朗(じょう けんざぶろう)。東京府東京市深川区(現・東京都江東区)出身。映画・テレビドラマ・演劇で幅広い役柄を演じ、特に殺陣に関しては当代随一の名手と評された[1][2][3]。父は長唄三味線の杵屋勝東治、弟に勝新太郎、息子は若山騎一郎、前妻は藤原礼子。
>1980年代には映画『魔界転生』で柳生宗矩に扮し、紅蓮の炎の中で行われた柳生十兵衛(千葉真一)との決闘では華麗ながらも凄みのある戦いを演じ、劇中最大のクライマックスとなっている[3][5]。魔界衆がまばたきをしないのは、歌舞伎でのお化けの演技からヒントを得た若山の発案である。本作は観客動員数200万人、配給収入10億5千万円となった[6](詳細は ⇒ 魔界転生)。千葉は本作後も再び若山との殺陣を望み、テレビドラマ『影の軍団III』第1話「二つの顔の男」では千葉が直接、若山へ出演依頼をして共演を実現させた。ほかにはテレビドラマ『御金蔵破りシリーズ』でも殺陣と復讐に燃える忍者からコミカルな役まで幅広い演技を見せる。
引用元:若山富三郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%A5%E5%B1%B1%E5%AF%8C%E4%B8%89%E9%83%8E