『虹』『瞳』『天花』NHK朝ドラの漢字題 放映順『ぴあの』『ひまわり』『すずらん』『あすか』『さくら』

039jWWBAtG
NHK朝の連続テレビ小説の
歴代作品の中で
漢字のみで表記されるものを
1つ答えなさい
たびじ(答)『旅路』昭和42年
にじ(答)『虹』昭和45年
かざみどり(答)『風見鶏』昭和52年
せいしゅんかぞく(答)『青春家族』平成元年
てんか(答)『天花』平成16年
ひとみ(答)『瞳』平成20年
34%

143WHtjhDs
NHK朝の連続テレビ小説
『チョッちゃん』のモデル
黒柳朝
くろやなぎちょう(答)

問題文に答えあり。「ちょう」から「チョッちゃん」なのですね。

IMG_0119dYzmDCzvrGjj
次の画像から連想される
NHK朝の連続テレビ小説を
放映されたのが古い順に
選びなさい
(画像選択肢)
『ぴあの』 1994
『ひまわり』 1996
『すずらん』 1999
『さくら』 2002

ゴロ「ピンチヒッターすぐ参上」とか、ピアノ引いていたら花の数が多い順とかそういうイメージはどうでしょうか。

009qVSgIfu
次のNHK
朝の連続テレビ小説を
放映された順に選びなさい
『すずらん』 1999.4.5
『あすか』 1999.10.4
『さくら』 2002

上記画像問に付け足しのゴロで「ピンチヒッターすぐ参上で明日もOK」とかのイメージで

連続テレビ小説一覧
引用元:NHK | 連続テレビ小説一覧 http://www9.nhk.or.jp/asadora/

黒柳徹子の母・朝(ちょう)の半生をドラマ化。北海道の大自然で自由奔放に育った少女・蝶子(古村比呂)が、進学した東京の音楽学校で天才バイオリニスト(世良公則)と出会い、結婚。戦時色が濃くなる中でも自由な精神を大切にし、困難に立ち向かう。黒柳徹子がゲスト出演した。原作は黒柳朝の「チョッちゃんが行くわよ」
引用元:連続テレビ小説 チョッちゃん | NHK名作選(動画他) http://cgi2.nhk.or.jp/archives/tv60bin/detail/index.cgi?das_id=D0009010337_00000

『チョッちゃん』は、1987年4月6日 – 10月3日に放送されたNHK連続テレビ小説第38作目である。
1987年の平均視聴率は38.0%、最高視聴率は46.7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)[2]。全156回。
>原作は、黒柳徹子の母・黒柳朝の自伝「チョッちゃんが行くわよ」。
劇中でたびたび登場した「…っしょ」(…でしょう)という北海道弁が流行語となり、くだけた言葉として全国的に定着している。
引用元:チョッちゃん – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%83%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93

黒柳 朝(くろやなぎ ちょう、1910年9月6日 – 2006年8月16日)は、日本の随筆家である。
>北海道滝川市出身の敬虔なクリスチャン。開業医の父とクリスチャンの母の間に生まれる。岩見沢高等女学校(現・北海道岩見沢西高等学校)を経て、東洋音楽学校(現・東京音楽大学)声楽科卒業。在学中にベートーベンの第九交響曲の演奏を共にして[1]知り合ったバイオリニストの黒柳守綱と結婚。女優の黒柳徹子(長女)、バイオリニストの黒柳紀明(次男)、エッセイストの黒柳眞理(次女)ら、5人の子供がいる。自伝「チョッちゃんが行くわよ」は、NHK連続テレビ小説『チョッちゃん』としてドラマ化され、「チョッちゃん物語」はアニメ化された。
俳優としてブレイク前の三上博史は、カリフォルニアの黒柳朝の家に居候していたことがある。
引用元:黒柳朝 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E6%9F%B3%E6%9C%9D

『連続テレビ小説』(れんぞくテレビしょうせつ)は、1961年(昭和36年)から放送されているNHKのテレビドラマシリーズ(帯ドラマ形式の連続ドラマ)。
「朝の時間帯に連続放送されるテレビドラマ」であるため、朝の連続テレビ小説、朝ドラ、連ドラとも呼ばれる。
>十朱幸代や岩下志麻らを輩出したNHKの帯ドラマ『バス通り裏』(1958年 – 1963年、月-金曜19:15 – 19:30)が、連続テレビ小説(1961年 – )の原点・雛形とされる。
>原則として全作品がフィクションである[注 11][注 12]。下記の場合でも、あくまで実在の人物は「モデル」とし、自由に脚色されたり、創作エピソードが加えられてきた。
引用元:連続テレビ小説 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%A3%E7%B6%9A%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E5%B0%8F%E8%AA%AC

NHK | 連続テレビ小説一覧

『ぴあの』は、1994年4月4日-1994年10月1日まで放送されたNHKの連続テレビ小説の第51作目。NHK大阪放送局制作。
>現在の大阪・西天満の音楽好きの元小学校教師(宇津井健)の父子家庭に育った四姉妹(竹下景子・萬田久子・國生さゆり・純名里沙)の、一見何気なさそうな日常やさまざまな生き様を、童話作家志望の末っ子・ぴあのを中心に複数の視点で描いた。タイトルおよびヒロインの役名の「ぴあの」は、「ぴ」にアクセントがつく。
引用元:ぴあの – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B4%E3%81%82%E3%81%AE

『ひまわり』は、1996年4月1日 -1996年 10月5日に放送されたNHK連続テレビ小説の第54作目。
>松嶋菜々子の出世作。脚本は井上由美子。
会社をリストラされた主人公南田のぞみが、複雑な家族関係の中において弟の窃盗事件をきっかけに弁護士の世界を志し、司法試験、司法修習生を経て、一人前の弁護士に成長していく物語。
引用元:ひまわり (1996年のテレビドラマ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B2%E3%81%BE%E3%82%8F%E3%82%8A_(1996%E5%B9%B4%E3%81%AE%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E)

『すずらん』は、1999年4月5日から10月2日まで放送された、NHK連続テレビ小説の60作目。
>放送された1999年度前半は映画『鉄道員(ぽっぽや)』が公開されるなど、北海道を舞台とした鉄道員の生き様を描く作品の当たり年であった。本作の制作記者発表は鉄道にちなんだドラマとして、1998年10月14日(鉄道の日)に交通博物館で行われた。なお、連続テレビ小説のヒロイン役で、子役時代からテレビドラマの出演実績がある若手女優が起用されたのは1990年代後半の作品では異例であった。
晩年の主人公がルーツとなった地に降り立ち、激動の半生を回顧するという物語の構成は「おしん」と類似しており、同作へのオマージュと受け取れる。
引用元:すずらん (テレビドラマ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%99%E3%81%9A%E3%82%89%E3%82%93_(%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E)

『あすか』は、1999年10月4日から2000年4月1日まで放送された、NHK連続テレビ小説の61作目。
奈良県明日香村と京都市を舞台に、宮本あすか(竹内結子)が和菓子職人として成長していく様子と、それを取り巻く人間関係を描く。
大島ミチルによる、オーボエを主体としたオープニング曲『風笛(かざぶえ)』(オーボエは宮本文昭が担当)でも知られる(曲のエンディングにいくつか異なるヴァージョンがあった)。
引用元:あすか (テレビドラマ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%99%E3%81%8B_(%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E)

『さくら』は、2002年度上半期のNHK連続テレビ小説(第66作)。
初放送は2002年4月1日 – 9月28日。
連続テレビ小説ではこの作品から、BShi放送用に全編ハイビジョン映像で撮影されるようになり放送枠が追加された。
>舞台は、岐阜県(旧高山市・古川町・郡上八幡)、東京都、ハワイ州ホノルル。
ヒロインのエリザベス・さくら・松下(スタッフロールでは「松下さくら」と表記されている・高野志穂)はアメリカ、ハワイ生まれの日系4世(父が日系3世、母が日本人)。ハワイ大学在学中に岐阜県・飛騨地方の男子中学校にAETとして赴任し、下宿先で目の当たりにした嫁姑バトルなど日本文化とのギャップを痛感しつつ成長していきながら、日本の中学生と交流していく様をさわやかに描いた。
引用元:さくら (2002年のテレビドラマ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%95%E3%81%8F%E3%82%89_(2002%E5%B9%B4%E3%81%AE%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E)