『おれと戦争と音楽と』ミッキー・カーチスの自伝

007vIRHodf
次の文字列を順に選んで
2012年1月に刊行された
俳優ミッキー・カーチスの
自伝のタイトルにしなさい
おれと
戦争と
音楽と
『おれと戦争と音楽と』

内容紹介

73歳、ロッカー、俳優。
ミッキー・カーチス、初の自伝!

芸歴半世紀超のエンターテイナー。その生涯には、常に戦争が深くかかわっていた。
国家総動員法制定の年に生まれ、幼少期を戦時下の上海で過ごし、日本帰国後は米軍ベースキャンプでの慰問活動、ベトナム戦争時にはヒッピーとなり音楽で反戦活動に飛び込んだ。
戦争の時代を音楽とともに駆け抜けた一人の男が、その生きざまを書き尽くした作品。
RwBrrGm
亜紀書房 – おれと戦争と音楽と

ミッキー・カーチス(Mickey Curtis[1]、1938年7月23日 – )は、日本のタレント、ロック歌手、俳優。東京都生まれ。植木等の死去後、所属しているワタナベエンターテインメントでは最古参の部類に入るタレントである。出生名マイケル・ブライアン・カーチス(Michael Brian Curtis)、帰化後の戸籍名は加千須 ブライアン(かちす ブライアン)、作詞家としては川路 美樹(かわじ みき)、レーサーとしてはブライアン・カーチス、落語家としてはミッキー亭 カーチス、華道家としては加千須 岩水(かちす がんすい)を名乗る。主演作品である『ロボジー』出演時に使用した五十嵐 信次郎(いがらし しんじろう)[2]は、出生名が英語であることから戦時中に非国民とされていじめを受け、日本語の名前に憧れて子供の頃に作ったもの[3]。
ミッキー・カーチス – Wikipedia