『チョコレート』ハル・ベリー主演 黒人女性との交流 『ショコラ』ジュリエット・ピノシュ チョコレート屋を経営

002yPWyXZyhiR
ハル・ベリー主演の
映画『チョコレート』は
チョコレート屋を経営する
お話である
×(答)
黒人女性と白人男性の交流を描く

chocolateが、スラングで黒人という意味があるようなので、そこから正答を導出できればいいですね。

029LcxPInMmYG
ジュリエット・ピノシュ主演の
映画『ショコラ』は
チョコレート屋を経営する
お話である
◯(答)

『チョコレート』(Monster’s Ball)は、マーク・フォースター監督、ハリー・ベリー主演の2001年のアメリカ映画である。黒人女性と白人男性の交流と人種への偏見問題も孕んだ恋愛をシビアに描いたドラマである。上映時間は113分。
原題の「Monster’s Ball」(怪物の舞踏会)は、死刑の執行前に看守達が行う宴会を指す。
引用元: チョコレート (映画) – Wikipedia

根強い人種差別的思想を抱えた死刑囚棟の元看守が、ある悲劇をきっかけに自らの生き方に疑問を抱き、やがて死刑囚の妻である黒人女性と恋に落ちていく人間ドラマ。監督はスイス出身の新鋭マーク・フォースター。主演は「バンディッツ」「バーバー」のビリー・ボブ・ソーントンと「X-メン」のハリー・ベリー。
引用元: 映画 チョコレート – allcinema

英語のスラング的なもので……
“chocolate people,been people,white people”とは何でしょうか?
チョコレートとホワイトから何となく人種のことだと思うのですが。
>これは、失礼な表現です。 チョコレートは黒人、ビーンは、メキシコ人、ホワイトは、そのまま、白人です。 理解はしても、チョコレートやビーンなどは使わない様にしましょう。
英語のスラング的なもので……”chocolate people,been… – Yahoo!知恵袋

『ショコラ』(Chocolat)は、2000年のアメリカ映画。ジョアン・ハリスの同名小説を映画化。
宗教と人間関係の複雑な絡み合い、そして大人の事情に飲み込まれている子どもたち、また、愛する人を遠く思い続ける大人たちの感情が秘められた映画である。
>ある日、フランスのある村に一組の親子が北風とともにやってきた。その親子ヴィアンヌとアヌークは、そのルーツである南米から受け継がれるチョコレートの効能を広めるため世界中を旅していて、この村でも老女アルマンドから借りた物件でチョコレート店の開店する。
引用元: ショコラ (映画) – Wikipedia

「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」「サイダーハウス・ルール」のラッセ・ハルストレム監督がジュリエット・ビノシュ、ジョニー・デップ主演で描く愛のファンタジー。古くからの伝統が根付くフランスの小さな村に、ある日謎めいた母娘がやってきてチョコレート・ショップを開店する。厳格なこの村に似つかわしくないチョコだったが、母ヴィアンヌの客の好みにあったチョコを見分ける魔法のような力で、村人たちはチョコの虜になってしまう。
引用元: 映画 ショコラ – allcinema