「大森南朋」おおもりなお 父は麿赤兒 ドラマ『ハゲタカ』映画『龍馬伝』 「大駱駝艦」 麿赤兒(まろあかじ)率いる舞踏集団 海外公演で盛況

070TQQbsTd
父は舞踏家の麿赤兒
映画『殺し屋1』
TVドラマ『ハゲタカ』
『龍馬伝』武市半平太
堺雅人
大森南朋(答)おおもりなお
生瀬勝久 なませかつひさ
滝藤賢一 たきとうけんいち

079xjhXGcDkLb
1972年に麿赤兒を中心に結成
された、国内外で活躍している
日本を代表する舞踏集団は?
戦駝艦落闘
堕駱隊武大
大駱駝艦(答)

大森 南朋(おおもり なお、1972年2月19日[1] – )は、日本の俳優。東京都出身[1]。アパッチ所属[1]。身長178cm[1]。父は俳優・舞踏家の麿赤児[2]。兄は映画監督の大森立嗣[3]。
>主な作品
テレビドラマ
『ハゲタカ』
『龍馬伝』
>2001年、『殺し屋1』で主人公のイチを演じる[5]。2005年、『DEMONLOVER』に出演する[6]。2007年のテレビドラマ『ハゲタカ』では、主人公の鷲津政彦を演じた[7]。
引用元:大森南朋 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%A3%AE%E5%8D%97%E6%9C%8B

生瀬 勝久(なませ かつひさ、1960年10月13日 – )は、日本の俳優。兵庫県西宮市塩瀬町生まれ。リコモーション所属。兵庫県立宝塚高等学校、同志社大学文学部社会学科産業関係学専攻卒業。身長178cm。体重70kg。趣味は釣り。妻はモデルの堀本陽子。母は日本社会党の元西宮市議会議員・生瀬悦子。
>主な作品
テレビドラマ
『トリック』
『ごくせん』
『功名が辻』
『’98新春ドラマスペシャル 味いちもんめ』
引用元:生瀬勝久 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E7%80%AC%E5%8B%9D%E4%B9%85

滝藤 賢一(たきとう けんいち、1976年11月2日[1] – )は、日本の俳優。愛知県名古屋市出身[1]。エージェントオフィスタクト所属[1]。
>主な作品
テレビドラマ
『外事警察』
『龍馬伝』
『梅ちゃん先生』
『カラマーゾフの兄弟』
『半沢直樹』
『俺のダンディズム』
映画
『クライマーズ・ハイ』
『ゴールデンスランバー』
『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』
引用元:滝藤賢一 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BB%9D%E8%97%A4%E8%B3%A2%E4%B8%80

1972年創設。麿赤兒主宰。2012年創立40周年を迎える。
その様式を天賦典式(てんぷてんしき:この世に生まれ入ったことこそ
大いなる才能とす)と名付け常に忘れ去られた「身振り・手振り」を採集、
構築しすでに60を超える作品を上演。1982年舞踏カンパニーとしては、
初のフランス、アメリカ公演を行い、鮮烈なインパクトを与え広く「Butoh」を浸透させる。
麿赤兒率いる大駱駝艦天賦典式公式サイト DAIRAKUDAKAN/TEMPUTENSHIKI Official Site

麿 赤兒(まろ あかじ、1943年2月23日 – )は、日本の俳優、舞踏家、演出家。石川県金沢市生まれ、奈良県桜井市育ち。本名は大森 宏[1]。
>1964年に唐十郎の劇団「状況劇場」設立に参画して活動するが1970年に退団[2]。1972年には自ら大駱駝艦を旗揚げ、主宰する[2][4]。海外公演も積極的に行い、舞踏を「BUTOH」として広めている。 1974年、1987年、1996年、1999年、2008年に舞踊評論家協会賞を、2006年に文化庁長官表彰を受賞。日本アウトドアジャーナリスト協会顧問[5]、安藤百福記念 自然体験活動指導者養成センター客員教授[6]も務める。
引用元: 麿赤兒 – Wikipedia

女性が上半身裸の屋外金粉ショー~大駱駝艦
引用元: 女性が上半身裸の屋外金粉ショー~大駱駝艦 : つぶやきかさこ~生き方・働き方・考え方+旅

<金粉ショー>ゴールデンズfrom大駱駝艦パフォーマンス(再投稿):高円寺びっくり大道芸2014
引用元:<金粉ショー>ゴールデンズfrom大駱駝艦パフォーマンス(再投稿):高円寺びっくり大道芸2014 – YouTube https://www.youtube.com/watch?v=fpvU0uH1Iz0