「仲里依紗」なかりいさ ゼブラクイーンを演じた女優

494sDWzPky
495DoDwkhx
映画『ゼブラーマン』で
主人公・ゼブラーマンを演じた
俳優は哀川翔ですが

映画『ゼブラーマン ゼブラ
シティの逆襲』に登場する
ゼブラクイーンを演じた女優は?
ひらがな5文字で答えなさい
なかりいさ(答)
「仲里依紗」

映画「ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-」で圧倒的な存在感を放つ“黒”の歌姫、ゼブラクイーン。2025年の音楽シーンを席巻し、ゼブラシティで40週連続1位の記録を誇る彼女がついに2010年の日本に光臨。デビューシングル「NAMIDA~ココロアバイテ~」をリリースした。

CD収録曲「NAMIDA~ココロアバイテ~」と「ゼブラクイーンのテーマ」は、どちらもパワフルなトラックが光るクラブチューン。今回ナタリーでは、ゼブラクイーン役を演じる仲里依紗を直撃し、その魅力的なキャラクターについて話を訊いた。さらに特集の最後には三池崇史監督へのメールインタビューも掲載している。
>──意外ですね。仲さんは女優で、人前に出る仕事なのに。

仲里依紗のままで歌うのが恥ずかしいんですよ。誰かを演じてればいいけど、自分が歌うっていうのがイヤなんです。だってそんな、ボイストレーニングとかやってないし、歌上手じゃないし。恥ずかしいです。

──じゃあ今回は仲里依紗として歌ってるわけじゃなく、ゼブラクイーンとして歌ってるわけで、それなら問題はない?

そうですね。ゼブラクイーンが歌ってるんで。だから私は関係ないですね。
ゼブラクイーン (1/2) – 音楽ナタリー Power Push

ゼブラクイーン

『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』(ゼブラーマン ゼブラシティのぎゃくしゅう)は、2010年5月1日から全国の劇場で公開された日本映画。製作は「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」製作委員会。配給は東映。2004年に公開された『ゼブラーマン』の続編として制作され、公開年が前作の物語上の年である2010年となった。キャッチコピーは『女が最強。男なら戦え。』『今度も白黒つけるぜ!!』
また前作同様、山田玲司による漫画版『ゼブラーマン2 〜ゼブラシティの逆襲〜』が『月刊!スピリッツ』にて連載されていた。
>一方、ゼブラシティのブラックヒロイン、ゼブラクィーンこと相原ユイは、知事の娘であり超人気ロック歌手でもあった。彼女の歌う「ゼブラクイーンのテーマ」は40週連続でゼブラシティのヒットチャート1位を獲得し、世界を「黒」と「悪」に染める彼女のパフォーマンスは絶大な人気を誇っていた。私生活でも「黒」と「悪」に異常な拘りを持ち、白い色や癒し系アイドルに対して強烈な敵意を抱いた。単なるロック歌手ではなく、世界の女王となる野望を持つ相原ユイだったが、そんな彼女の生い立ちには、恐るべき秘密と、世界を揺るがす巨大な陰謀が隠されていた。
全てを黒に、悪に染めることを生き甲斐とするゼブラクィーンにとって、正義のヒーローゼブラーマンは邪魔以外の何物でもなかった。ゼブラーマンの復活を知った相原ユイは、ゼブラポリスに彼の抹殺を命令する。復活を遂げたゼブラーマンは、ゼブラポリスの襲撃を跳ね返し、相原ユイの秘密を暴き、その野望を打ち砕くべく活躍する。
>ゼブラーマン / 市川新市:哀川翔
ゼブラクイーン / 相原ユイ:仲里依紗
ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲- – Wikipedia

仲 里依紗(なか りいさ、1989年10月18日 – )は、日本の女優、ファッションモデル。本名・中尾 里依紗(なかお りいさ、旧姓:仲)。一人称及び愛称は、仲さん。
長崎県東彼杵郡東彼杵町出身[1]。アミューズ所属。日出高等学校卒業[2]。夫は俳優・中尾明慶。1児の母[3]。
>2010年、ヒロインであるゼブラクイーン役で出演した映画『ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-』にて、ゼブラクイーンとして歌手デビューを果たした。この作品と『時をかける少女』の演技が評価され第34回日本アカデミー賞など数々の映画賞を受賞。
2011年、東日本大震災の復興支援のために結成されたチーム・アミューズのチャリティー楽曲「Let’s try again」に参加。
2013年3月21日、中尾明慶との婚約および妊娠中(3か月)であることを発表[6]、4月18日に婚姻届を提出した[7]。2013年10月4日、第1子となる男児を出産[8]。
仲里依紗 – Wikipedia