西野バレエ団出身のタレント「江見早苗」「奈美悦子」「由美かおる」 バレエ「アラベスク」足は水平 「アティテュード」足は直角

095sGZrduK
次のうち
西野バレエ団出身のタレントを
全て選びなさい
江見早苗(答)
見城美枝子
木の実ナナ
奈美悦子(答)
梓みちよ
岡本麗
由美かおる(答)

CIMG2821MGJDWeqzjZZx
バレエ「アラベスク」の
ポーズはどっち?
(画像選択肢)
Aの画像 アラベスク(答)あげた足は水平
Bの画像 アティチュード あげた足を曲げている

並べ替え
フランス語で「床の上のバレエ」という意味がある、ダイエット効果もあるバレエダンサー向けのトレーニングを何という?
バーオソル(答)
Barre au sol

西野 皓三(にしの こうぞう、1926年 – )は、西野バレエ団の創始者で西野流呼吸法・西野塾主催者。
大阪府生まれ。大阪市立医専(現 大阪市立大学医学部)在学中、宝塚歌劇団男子部に2期生として入団。本格的なバレエを習得するために東京の東勇作バレエ団に「内地特別留学生」として宝塚に籍を置きながら1年間派遣され、その後は宝塚歌劇団・宝塚音楽学校バレエ教師として教えるかたわら振付を担当。1951年ニューヨークのメトロポリタン・オペラ・バレエスクールに留学。1953年西野バレエ団結成。日本各地で古典バレエからコンテンポラリー作品まで数多くの作品を上演しその構成・演出・振付を行う。同時にバレエ評論家として読売・朝日・毎日など各新聞紙上にバレエ評を執筆。
>西野バレエ団[編集]
1953年に結成。大阪・帝塚山に活動拠点を置いた。1954年西野バレエ団旗揚げ公演にて『ジゼル』(全曲)『若者と死』、『胡桃割り人形』を上演。
当初はその名が示すとおりバレエダンサーの育成が中心だったが、1960年代以後のテレビブームが引き金となってテレビ番組に進出、これを機に活動の場を東京へ移した。こうして金井克子、岸ユキ、原田糸子、由美かおる、奈美悦子、江美早苗、志麻ゆき(後の四角佳子)、麻田ルミ、といった人気歌手(女優)を輩出した。中でも、金井、原田、由美、奈美、江美は、バレエ団内のユニット「レ・ガールズ」として活躍している。
現在バレエ公演はほとんど行われておらず、芸能プロダクション、西野流呼吸法普及のための活動が中心となっている。
西野皓三 – Wikipedia

アラベスク(仏:Arabesque)は、バレエにおける技法の1つ。片方の脚で立ち、もう一方の足を上げるポーズ。
アラベスク (バレエ) – Wikipedia

アティテュード(仏: attitude、英: attitude、アティチュード、アチチュードなどとも)は、バレエにおける技法の1つ。アティテュードにはいろいろの形があるが、共通の概念としては「片方の脚を軸にして立ち、もう一方の脚は膝を約90度に曲げて体の前方または後方に持ち上げて保つ」ポーズである[1][2][3]。アラベスクとともに、クラシック・バレエにおいて重要で美しい姿勢とされ、頻繁に用いられている[1][4][5]。
アティテュード (バレエ) – Wikipedia