北原拓 男性歌手『超新星フラッシュマン』『ダッシュ四駆郎』

023qZWwZHo
男性歌手
バンド「スピニッジパワー」
『ダッシュ四駆郎』
『超新星フラッシュマン』
北原拓(答)
成田賢 なりかけん『電磁戦隊デンジマン』
町田義人 まちだよしと『戦士の休息』
藤井健 ふじいけん『ゼンダマン』

118HItOWWJeZv
高倉健主演の映画『野生の証明』
の主題歌『戦士の休息』を
1978年にヒットさせた歌手は?
町村義田明
人保久和彦
町田義人(答)

町田義人まちだよしと 『戦士の休息』 『野生の証明』の主題歌 | わかればいいのに I wish I knew

北原 拓(きたはら たく、1960年10月2日 – )は、日本の歌手、実業家。長野県出身。ティームエンタテインメント代表取締役。
>主にアニメソング・特撮ソングを手掛け、代表曲に『超新星フラッシュマン』OPの「超新星フラッシュマン」、『ダッシュ!四駆郎』OPの「BE TOP」などがある。ジャッキー・チェンの主演映画「成龍拳」のテーマを歌ったこともある。1990年以降は一時活動を休止していた時期もあったが、2000年代に入ってからはライブイベント「スーパー戦隊“魂”」に参加するなど再び音楽活動を行っている。また、影山ヒロノブらとバンド活動も行っている。[要出典]
北原拓 – Wikipedia

成田 賢(なりた けん、1945年10月22日 – )は満州国・大連市生まれ(北海道札幌市育ち)[1]のシンガーソングライター・歌手。
>1967年、グループ・サウンズ「ザ・ビーバーズ」のボーカル&ハーモニカ担当としてデビュー。1968年、アルバム「ビバ! ビーバーズ」をキングレコードのセブンシーズレーベルからリリースする。1969年、ザ・ビーバーズ解散後、ソロ活動を開始。肺結核により長期闘病やヨーロッパ放浪を経験した後、復帰し活動を再開。日本コロムビア関係者からの勧めで、アニメ番組『サイボーグ009』、特撮番組『電子戦隊デンジマン』の主題歌などを担当、人気を博した。
1981年に一度歌手を引退し、長らく表舞台から遠ざかっていたが、2007年1月7日、ANIME JAPAN FES 2007 “冬の陣”で活動を再開。同年、『獣拳戦隊ゲキレンジャー』にて26年ぶりの新曲を発表した。
成田賢 – Wikipedia

町田 義人(まちだ よしと、1946年9月21日 – )は、日本のグループ・サウンズ出身の歌手である。
>1970年にズー・ニー・ヴーを脱退し、ソロに転向。テレビCM曲を7〜8年間で400〜500本歌う。1978年公開の映画『キタキツネ物語』において、同作品の音楽担当だったタケカワユキヒデに指名される形で、主題歌「赤い狩人」を歌う。同年、ニット帽にサングラスというスタイルで角川映画『野性の証明』の主題歌「戦士の休息」を歌い、オリコン最高位6位、累計売上29.5万枚を記録した[1]。累計売上85万枚とする報道もある[2]。
その後も地道に歌手活動を続けTV主題歌やアニメソングなどでも知られているが、変わったところでは『オレたちひょうきん族』のタケちゃんマンロボのテーマ「愛より強く」、CMソング・ロッテ「小梅ちゃん」などがある。歌手のみならず、ミュージカルの役者として、ナレーションなどで声優としても仕事をしており、活動の幅は広い。
町田義人 – Wikipedia

藤井 健(ふじい けん、1946年7月14日 – )は、千葉県出身の日本の歌手。
>アニメソング[編集]
ゼンダマンの歌(『ゼンダマン』主題歌)
ゴーショーグン発進せよ(『戦国魔神ゴーショーグン』主題歌)
21Century~銀河を越えて~(『戦国魔神ゴーショーグン』副主題歌)
翔べ大馬神(『ヤットデタマン』挿入歌)
藤井健 (歌手) – Wikipedia