『サトコ』Sadko リムスキー=コルサコフのオペラ 『インドの歌』

036vsABBbJGNH
劇中歌『インドの歌』で有名な
主人公の不思議な体験を描いた
リムスキー=コルサコフ作曲の
オペラは?
サトイ
カブラ
ナンコ
→サトコ
『Sadko』

ニコライ・アンドレイェヴィチ・リムスキー=コルサコフ(ロシア語: Николай Андреевич Римский-Корсаков, ラテン文字転写: Nikolai Andreyevich Rimsky-Korsakov, 1844年3月18日 – 1908年6月21日)はロシアの作曲家。ロシア五人組の一人で、色彩感あふれる管弦楽曲や民族色豊かなオペラを数多く残す。調性に色を感じる共感覚者であったといわれる[1]。
>華やかだが客観的で簡潔な作風と言われる。ロシアの民謡・文学を題材にした作品が多い。管弦楽法の大家として知られ、その理論書である「管弦楽法原理」といった実践理論に関する著作をいくつか残し、なかでも和声学の教科書は日本でも広く知られた。海軍士官としての経験もあることから海の描写を得意としたことでも有名で、歌劇《サトコ》や交響組曲《シェヘラザード》には、航海の場面が含まれている。
引用元: ニコライ・リムスキー=コルサコフ – Wikipedia

Sadko (opera)
Sadko (Russian: Садко, the name of the main character) is an opera in seven scenes by Nikolai Rimsky-Korsakov. The libretto was written by the composer, with assistance from Vladimir Belsky, Vladimir Stasov, and others.
>The music is highly evocative, and Rimsky-Korsakov’s famed powers of orchestration are abundantly in evidence throughout the score. According to the Soviet critic Boris Asafyev, writing in 1922,[1] Sadko constitutes the summit of Rimsky-Korsakov’s craft.
引用元: Sadko (opera) – Wikipedia, the free encyclopedia

歌劇《サトコ》について
>「オペラ-ブィリーナ」と題されたリムスキー=コルサコフ第6作目の歌劇。彼の中期を代表する作品で、《雪娘》 《金鶏》などと共に彼の代表作とされています。「ブィリーナ」とは、ロシアに古代から民衆に伝わる口伝による英雄叙事詩のこと(「イリヤ・ムーロメツ」なども有名)で、リムスキー=コルサコフはブィリーナとして伝わる「サトコ」の物語を題材として用い、実際のブィリーナの語り口をオペラ中に取り入れて(第1場でニジェータが語る物語など)、「オペラ-ブィリーナ」にふさわしい絵巻物を作り上げています。
>物語はいわば「ロシア版浦島太郎」といったところで、ノブゴロド(ロシアの古都)でその美声により大金持ちとなったグースリ(琴のようなロシアの民族楽器)弾きサトコのお話です。
引用元: リムスキーダイスキー【ディスコグラフィー】サトコ

Sadko Song of India Rimsky Korsakov


引用元: Sadko Song of India Rimsky Korsakov – YouTube